<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

晴天に恵まれた一日です

秋の浜

 

気温 14℃ 水温 18.2℃ 透明度 25m 流れ なし うねり なし

 

朝空を見上げると雲一つない快晴

南西の風が少し強いですがダイビング日和です

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブです

 

1ダイブはアサヒの根に向かいました

久しぶりに5僂曚匹梁腓さのヒオドシベラを見つけることが出来ました

近くではクダゴンべも見られます

また、トサヤッコタテジマヤッコなども観察できました


ウデフリツノザヤウミウシも見つけましたが、見つけた瞬間「何もこんな深い場所で

見なくても…」と、スルーしてしまいました(笑)贅沢ですね

何せ今シーズンはウデフリ遭遇率が非常に高くなっています

 

正面の比較的浅い場所でハタタテハゼが、見られました

いつも通る場所なのでいったいいつからいたのでしょうか?

 

昨日見つけたクマドリカエルアンコウ イロカエルアンコウygも同じ場所で

観察することが出来ました

 

正面のニシキフウライウオのペアは観察開始から一か月以上たちますが初めて

♂♀が寄り添う姿が観察できました

 

この三連休遅ればせながらの初潜りとなりましたが海況天候共に恵まれ無事に

ダイビングすることが出来て何よりでした

昨年特に後半は海況不良でお客様がいるにもかかわらず潜れない日が多かったので

今年はそんな日が少ないことを祈ります

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:45 * comments(0) * -

今日も元気に秋の浜を3ダイブです!

秋の浜

 

気温 14℃ 水温 18.7℃ 透明度 25〜30m 流れ なし うねり 少し

 

真冬の海とはいえ三連休なので秋の浜は多くのダイバーでにぎわっています

多くのお客様が口々にしますがダイビングを知らない知人にこういう時期に

「潜りに行く!」と、言うと決まって「この寒いのに〜」(笑)と、言われるという

話をします

 

冬は気温より水温の方が高いという事を知らない人は多いですね〜

 

さて、今日もジェットフォイルで到着のお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

昨日情報をもらったイロカエルアンコウygはあまりの小ささに見つけるのが

大変でしたが観察することが出来ました

オレンジのかわいい個体でマクロの被写体にはもってこいのサイズです

 

昨年末から見られていたのと同個体と思われるカミソリウオが場所を変えて

見つけることが出来ました

 

このところ観察できていなかった際のクダゴンベですが今日はあっさりと

見つけることが出来ました

5僂らいのかわいい個体です

 

3ダイブ目段落ちまで戻ってくると他店ガイドの方が極小の

クマドリカエルアンコウygを指さして教えてくれました

毎度のことながらありがたい事です

今シーズンは長期観察はないもののクマドリは結構見られているようです

 

他にはヨスジフエダイ チンアナゴ ウデフリツノザヤウミウシ 

カンナツノザヤウミウシ ニシキフウライウオ クロイトハゼ フリソデエビ 

サガミリュウグウウミウシなどが見られました

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:26 * comments(0) * -

2020年あけましておめでとうございます!

秋の浜

 

気温 15℃ 水温 18.6℃ 透明度 30m 流れ なし うねり 少し

 

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます

今年もたくさんの方と一緒に潜れることを楽しみにしております

 

北東の風が多い今シーズンですが今日は風も弱く多少波はあるものの

ここ一か月を振り返っても穏やかな海況です

水温はあまり下がっていなく18℃台

透明度もかなり良く30m位は見えています

 

今日はヘビーリピーターのお客様ばかりをお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

二週間ぶりの秋の浜ですが正面のニシキフウライウオは二個体とも

観察することが出来ました

 

段落ちではフリソデエビも観察出来ていています

 

今シーズンはウデフリツノザヤウミウシの観察が好調で正面のコースを回ると

必ずと言ってよいくらい見つけることが出来ます

 

左砂地ではカンナツノザヤウミウシも二個体同じ場所で見つけることが出来ました

 

右の浅場で観察が続いているナンヨウハギygもかなり弱ってきている様子ですが

まだ見つけることが出来ました

昨年は二月くらいまで観察ができたので今シーズンは是非記録更新

してもらいたいですね

 

他にはチンアナゴ セナキルリスズメダイ フタイロハナゴイ テングダイ

ヒラマサ ハナゴイ フタスジリュウキュウスズメダイ アオサハギ クビアカハゼ

フリエイボウミウシ フタスジタマガシラygなどが観察できました

 

明日も穏やかな海況が続くようです

翌日の海況を心配しながら眠りにつかなくて済む週末…

 

ずいぶんと久しぶりな気がします

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:07 * comments(0) * -

2019年潜り納めの海は…

秋の浜

 

気温12℃ 水温20℃ 透明度3〜20m 流れ 強い うねり 強い

 

今日も北東の風

秋の浜は昨日以上に波うねりとも強くなっています

エントリーには少々悩みましたが、お客さまもヘビーリピーターのTちゃんということもあり「とりあえずエントリーしてみよう」と入ってみました

 

当然浅場はうねりが強く岩につかまりながら沖に出て行くと今度は強い流れ‼️

水底の岩から手が離せないダイビングになってしまいました

 

エグジットも心配だったので30分程で上がってきました

その後も回復の兆しがなく他のポイントもうねりと波があったので今日はこの1ダイブで終わりにしました😢💦

 

残念な潜り納めとなってしまいましたが、1ダイブ貴重な経験ダイブが出来て何よりでした

 

さて、2019年も明日で終わりですが今年は特に後半は海峡不良に悩まされました

風の吹き方が例年と違い北東の風が強い日が多かった印象です

気象状況、水中の環境、生物の南方化といい昔とは変わってきている気がします

 

本年も当店をご利用頂いたお客さま

 

ありがとうございました

 

来年もいっしょに楽しく潜れることを楽しみにしています

よいお年をお迎えください‼️

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:11 * comments(0) * -

今年も残すところあと三日です

秋の浜

気温 13℃ 水温 20℃ 透明度 20m 流れ あり うねり 強い

 

今日も北東の風…

冬だというのになんでこんなに北東の日が多いのか?

今日も秋の浜は大きな波とうねりがあります

初心者には無理な海況ですが今日のお客様はヘビーリピータのお客様

悩む間もなくエントリーしました(笑)

 

浅場は結構揺れていますが水深10mを超えると荒れた水面を

忘れてしまいます

透明度は20m以上ありますがうねりのせいで白っぽい濁りがあります

 

先週末に見つけたアサヒの根のクマドリカエルアンコウ

自信なさげに探しに行きましたが見つけることが出来ました

大きすぎず小さすぎずちょうど良いサイズです

近くではヒオドシベラやトサヤッコも観察できました

 

段落ちのカミソリウオも先週末と同じ場所で観察することが出来ます

同じく段落ちではニシキウミウシに付いているウミウシカクレエビを

お客様が見つけてくれました

 

ウデフリツノザヤウミウシはダイブ中毎ダイブ一個体ずつ

見つけることが出来ています

 

秋の浜では珍しいアオウミガメも見られています

 

先日は一個体しか観察することが出来なかったニシキフウライウオは

少し距離を置いてペアで見つけることが出来ました

 

12月後半でありながら希少種も多く観察できて北東続きで文句を言っている

割には水中は楽しい環境です

 

さて、いよいよ明日は当店潜り収めです

少し風も収まってくれると良いです

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 19:30 * comments(0) * -

クマドリカエルアンコウ発見!

秋の浜

 

気温 11℃ 水温 20.3℃ 透明度 15〜20m 流れ 強い うねり あり

 

心配された北東の風も午前中は大したことなく潜水可能でした

午後からは生憎の雨模様となってしまいましたが午前中に秋の浜を2ダイブしました

 

1ダイブ目お客様のリクエストで久しぶりにアサヒの根に向かうと

クマドリカエルアンコウが目に入りびっくり!こんなに深いところで…と、

思ったもののアサヒの根の同じような水深で過去観察できたことがあることを

思い出しました

 

5僂曚匹了りごろサイズです

 

中層ではマトウダイがうろうろしていて私は確認できませんでしたがお客様が

クダゴンベを見つけたそうです

 

際でもアサヒの根でもトサヤッコも頻繁に観察ができています

 

10m位の中層を泳いでいる際なんとなく気配を感じて視線をあげると1m50くらい

ありそうな大きなヒラマサがイサキの群れを狙っているようなところが見られました

 

段落ちでは他店オーナーさんに教えてもらったカミソリウオや発見当初は

イロカエルアンコウといわれていた大きなクマドリカエルアンコウなどが

観察できました

 

際のヒオドシベラygを確認に行くと同じ場所におとなしくしてくれていましたが

ちょうど流れが速くなってきて必死にフトトゲヤギから離れまいと泳ぐ姿が

とてもかわいいです

 

そばではウデフリツノザヤウミウシハタタテハゼのペアも観察できています

 

2ダイブ目をエグジットする頃には潜水可能とはいうものの波うねりともに

大きくなってきました

何とか午前中のダイビングを終えられてラッキーでした

 


 

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 18:40 * comments(0) * -

予報通りの北東です

秋の浜

 

気温 14℃ 水温 20℃ 透明度 18m 流れ なし うねり 少し

 

週末は北東で荒れるというジンクスにヒヤヒヤしながら土曜日を迎えました

週間予報ではもっと吹くようでしたが、昨日の予報で5〜6m

早朝海況を確認に行きホッとしました

 

今日はナイトを含め3ダイブです

 

正面のニシキフウライウオは♂だけ見つかりました

確認できないときにはいったいどこに隠れているんだろう不思議です

 

先週からマイブームのヒオドシベラyg今日も同じ場所で観察することが出来ました

このまま成長が観察できると良いですね

 

際ではケラマハナダイフタイロハナゴイが多く観察できます

最近見慣れてしまいあまりありがたみも感じなくなってしまいましたが

色がとてもきれいな魚です

 

他にはアカホシカクレエビ ハナミノカサゴ ツユベラyg チンアナゴ

ワニゴチ サザナミヤッコygなどが観察できました

 

明日は今日よりも風が強くなる予報で秋の浜に入れるか心配です

 

saito-diving * 秋の浜 * 22:16 * comments(0) * -

昨日は南西今日は北東(-_-;)

秋の浜

 

気温 13℃ 水温 15〜17℃ 透明度 25m 流れ なし うねり あり

 

朝起きて気象状況を確認すると北東の風5〜7m

これなら大丈夫か〜と、お客様と秋の浜に向かいました

着いてみてびっくり!

意外にも波が高くえーこの程度の風で〜?

 

幸いにもお客様がある程度の経験ダイバーでしたのでそのままエントリー出来ました

 

右浅場のナンヨウハギ

確認に行ってみるとまだ元気でした(笑)

先シーズンは三月上旬まで頑張ってくれたのでこの二個体には是非記録更新して

もらいたいのもです

 

正面の深場ではカンナツノザヤウミウシが二固体ほど近い間隔観察できました

一か月ほど前ほんの数センチ離れた場所で二固体観察で来たものと同個体かもしれません

 

ウデフリツノザヤウミウシも一個体昨日とほぼ同じ場所で見つけることが出来ました

 

他にはツユベラyg ブチススキベラyg ツノダシ ヨコシマクロダイyg テンスyg

コクテンカタギ スケロクウミタケハゼ ナメラベラyg フリエイボウミウシ

フタスジタマガシラyg オシャレカクレエビ ニシキウミウシ 

ニシキフウライウオのペアなどが観察できました

 

9時頃からの1ダイブ目はあまり気になりませんでしたが10時半頃からの2ダイブ目では

水温がかなり下がってきていて水深10前後で15℃!

おそらく昨日南西の強風が吹いたせいではないかと思いますが、かなり冷たい潮に

なってしまいました

このまま下がり続けることもないとは思いますがそろそろ水中も冬に向かってゆく時期

ですね

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 19:15 * comments(0) * -

南西の強い風が吹いていますがおかげで秋の浜は穏やかです

秋の浜

 

気温 13℃ 水温 17.6〜19℃ 透明度 15〜20m 流れ あり うねり なし

 

西側はけっこうな荒れ模様ですが秋の浜は至って穏やかです

朝から良く晴れてダイビング日和となりました

 

お客様をお迎えして秋の浜を2ダイブしました

 

正面のニシキフウライウオはお互いが少し離れた場所でペアが観察できました

とてもきれいな個体です

 

近くではウデフリツノザヤウミウシが二固体観察できています

ウデフリツノザヤウミウシはこのところよく観察出来ていて今シーズンは辺りかもしれません

 

際では遠目にコガネスズメダイをクリーニングするエビのような生物?が見られ

近づいてみるとなんとヒオドシベラyg!!!このサイズを見つけたのははじめてです

何と言ってもエビに見えちゃうくらいですからねぇ〜(笑)

 

他にはクビアカハゼ フリエイボウミウシ イガグリウミウシ ソウシハギ トサヤッコ

サザナミヤッコyg フタイロハナゴイ ケラマハナダイ アブラヤッコygなどが観察できました

 

左砂地のチンアナゴはさすがに水温が下がっているからかかなり敏感になっていますが

まだまだ頑張っています

 

南方系もまだまだ観察できそうな気配ですね

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 17:56 * comments(0) * -

残念な早朝ケイカイ

ケイカイ 秋の浜

 

気温 23℃ 水温 24℃ 透明度 15〜20m 流れ あり(秋の浜)うねり なし

 

今朝はお客様のリクエストで早朝のケイカイへ

満潮時で潮止まりのせいか流れが全くありません

こういう状況の時はほとんど見ることが出来ないハンマー

予測通り一匹も見ることが出来ませんでした

 

せっかく早起きしたのに〜

 

代わりにアオウミガメの子供が二固体

そろそろ今年のハンマーシーズンも終わりなのかもしれないですね

 

その後秋の浜を2ダイブ

 

昨日に比べると太陽の光が差し込む分明るく気持ち暖かい水中です

 

昨日見つからなかったカミソリウオは一匹のみ見つけることが出来ました

ニシキフウライウオは今日はペア二個体とも少し離れた場所で観察できています

 

浅場ではルージュミノウミウシも見つかりました

 

ナンヨウハギ セダカギンポ ハナゴイyg トカラベラygなどまだまだ南方系

満載の秋の浜です

 

 

 

 

 

saito-diving * ケイカイ 秋の浜 * 20:00 * comments(0) * -
このページの先頭へ