<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

天気海況ともに上々です!

秋の浜

 

気温 16℃ 水温 20℃ 透明度 20m 流れ あり うねり 少し

 

穏やかな晴天の日になりました。

秋の浜の波はおさまり海況は良好です。

 

今日もお客様と秋の浜を3ダイブしました。

 

数週間前に見失ったままだったオレンジ色のイロカエルアンコウと思われる

個体を発見!

大きさ的にそうでないかと思われますが、カエルアンコウ不足の秋の浜で嬉しい発見です。

 

正面ではやはり先月数回見ることが出来たカミソリウオも見ることが出来ました。

 

 

 

他店インストラクターに教えてもらった黒いチンアナゴなども観察することが出来ました。

 

際の始まりのあたりではハタタテハゼミナミハコフグygなども見られ冬の始まりとはいえ

なかなか楽しい水中です。

 

他にはケラマハナダイ、フタイロハナゴイ、ガラスハゼ、ビシャモンエビ、スジハナダイ

ミナミハコフグyg、フタスジリュウキュウスズメダイyg、アブラヤッコyg、アオサハギ

などが観察できました。

 

 

昨日は野田浜でのツバメウオの群れとの出会いに陸上で会う店会う店

「野田浜でツバメウオの群れがさー」と、喋りまくったせいか今朝野田浜に

潜ったお店が「今日も群れで見られましたよー」と、教えてくれました。

 

しばらく居ついてくれると良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:09 * comments(0) * -

ツバメウオ群れる!!!

野田浜 秋の浜

 

気温 16℃ 水温 20℃ 透明度 20m 流れ あり うねり あり

 

昨夜から続く北東の風

朝、秋の浜を確認に行くとそこそこに波とうねりがあります。

ある程度本数を潜られているお客様であれば問題ない程度ですが、本数の

少ない方にはちょっと…と、いう海況です。

 

今朝お迎えしたお客様は経験本数12ダイブという事で1ダイブ目は迷わず

穏やかな野田浜へ向いました。

 

エントリー後根伝いにアーチの方へ向かってゆくと中層に魚が群れているのが

見えます。

遠目に見てもその形はツバメウオにしか見えません!

 

その数10匹以上!!!

 

驚きました。

 

こんな事ってあるの?

 

そう思わずにはいられません。

大島の海で潜って20年以上ですがツバメウオが群れているところを見るのは

初めてです。

 

そしてアーチをくぐろうと向こう側を見るとなんとそこにもツバメウオの群れ!!!

 

こちらも10匹以上数えられます。

 

いやー   ビックリ!

 

1ダイブ目の野田浜はビギナーの三名様のお客様がいらしたので潜ることになりましたが

そのお客様がいらっしゃらなければ間違いなく秋の浜を潜っていたかと思うと

三名様に大感謝です!

 

Tさん、Kさん、Oさんご利用ありがとうございました!

 

2ダイブ目3ダイブ目は少し波が静かになってきた秋の浜へ

 

キツネベラyg、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ホタテツノハゼ

オシャレカクレエビ,クリアクリーナーシュリンプなどを観察してきました。

 

水温は先週あたりより少し上がって20℃あり、ドライスーツで快適に潜れる水温です。

レンタルウエットのお客様も水中ではあまり寒さを感じなかって様ですが

気温16度は上がってからが少々寒いようです。

 

そうそうツバメウオ、ツバメウオと書いたのに何で画像がないの?と、思われることと

思いますが、運が良いのか悪いのか…

 

そういう時に限って…

 

 

カメラを持ってゆかなかったのです⤵

saito-diving * 野田浜 秋の浜 * 20:39 * comments(0) * -

何とか潜水可能でした💦

秋の浜

 

気温 17℃ 水温 20℃ 透明度 7〜15m 流れ なし うねり 強い

 

昨夜から北東の風だったもののそんなに強く吹かなかったので、早朝に海況を

確認に行くこともなくお客様と秋の浜へ…

 

行ってビックリ!

結構な波とうねりです。

海況を見て別なポイントへ移動する店もある中西側のポイントを見てきた

店から「野田浜もかなりひどい!」との話を聞きお客様と相談の上エントリーすることに

しました。

 

エントリー直後はサラシが強く目の前が真っ白になりますが、水底まで行くと

見えるようになってきます。

 

主に観察できた生物はクダゴンべ、オオモンカエルアンコウ、ガラスハゼ

フタイロハナゴイ、メガネスズメダイ、オシャレカクレエビが見られました。

 

こういう海況の時はエグジットが心配で生物探しに集中できないものです。

saito-diving * 秋の浜 * 20:57 * comments(0) * -

寒くなってきましたが…

秋の浜

 

気温 17℃ 水温 21〜22℃ 透明度 15m 流れ あり うねり なし

 

晩秋から冬へと季節は変わってゆきますが、水中はまだ水温22℃

ドライスーツでのダイビングには快適な水温です。

白っぽい濁りがあり透明度は今一つですが、まずまずの海況です。

 

今日はお客様と秋の浜を3ダイブしました。

 

驚いたのがこんなシーズンになってフエヤッコの初観察です。

いったい今シーズンはどうなっているのやら…

 

際のクダゴンべ、フタイロハナゴイなどの観察はほぼ同じ場所で続いています。

 

このところなかなか見つけられなかったヒトデヤドリエビも見つけることが出来ました。

 

段落ちのオオモンカエルアンコウも移動を続ける中近くにいた他店インストラクターが

指をさして教えてくれました。

 

明日は風が北東になる予報ですが、7m止まりなので何とか潜水可能になるでしょう。

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:09 * comments(0) * -

今日も北東ですが昨日よりは…

秋の浜

 

気温 19℃ 水温 21.5℃ 透明度 12〜15m 流れ なし うねり あり

 

昨日よりは弱くなったものの今日も北東

波、うねりともに昨日よりはましになったという海況です。

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブ!

 

長期にわたり観察が続いている浅場のテーブルサンゴに居ついているヤリカタギyg

よく見るとずいぶんと成長しています。

一緒に住んでいたフタスジリュウキュウスズメダイygはどこかにいなくなってしまいましたが

良くこの大きさまで成長したものです。

 

際ではこの晩秋になってハタタテハゼが観察できました。

まだいるんですね〜

 

クダゴンべ、イロカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウ、ヒレナガネジリンボウ

ネジリンボウなどの人気者の観察も続いています。

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:23 * comments(0) * -

またもやの北東です!

秋の浜

 

気温 20℃ 水温 21.5℃ 透明度 12〜15m 流れ あり うねり 強い

 

昨夜から北東になりました。

何とか潜水可能ですが、波とうねりがあり良い海況とは程遠い海況です。

今年の秋は本当にこの北東の風の日が多く困ります。

 

今日も朝から秋の浜を3ダイブしました。

 

正面ではネジリンボウヒレナガネジリンボウが観察できています。

この水温でも結構機嫌よく姿を見せてくれています

 

アサヒの根ではフタイロハナゴイの姿を見ることが出来ました。

この秋はよく見かけるようになっています。

 

ホタテツノハゼも元気に背びれを広げる姿が観察できました。

 

このところ気になっているメガネスズメダイも観察が続いています。

結構な成魚サイズであまり秋の浜では見ることの少ない大きさです。

 

他にはキツネベラyg、オオモンカエルアンコウ、イロカエルアンコウ

クロフチススキベラyg、ガラスハゼ、クダゴンべ、サンゴトラギス、クビアカハゼ

ナメラベラygなどが観察できました。

 

 

今日の2ダイブ目はお客様Yさんの100ダイブ記念!!!

100ダイブ記念といっても当店で潜っていただいて100ダイブです。

と、いう事は私と一緒に潜って100ダイブ!

 

私にとってもうれしい記念ダイブでした。

 

もう少し海況が良い時にお祝いしたかったですね…

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:57 * comments(0) * -

ヒヤヒヤの週末

秋の浜

 

気温 19℃ 水温 22.4℃ 透明度 13m 流れ なし うねり なし

 

週末に荒れた天気になるサイクルは今週末も例外ではなく予報では午前中を中心に

南西の風が15mの予報で、ジェットフォイルは条件付き就航…

東京からの臨時直行便は30分の遅れで到着してホッとしました。

 

西側のポイントはかなりの波とうねりになりましたが、秋の浜は西側から

流れてくる風波程度で穏やかな海況です。

 

うねりや波が続いているせいか秋の浜は白っぽい濁りが取れません。

水温は少しづつ下がり傾向ですが、まだ22℃ありウエットスーツで潜る

ダイバーもまだまだ見かけます。

 

人気の生物たちは数日前と変わらずホタテツノハゼ、イロカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ、クダゴンべなどの観察は続いています。

 

他にはメガネスズメダイ、ビシャモンエビ、クロイトハゼ、クロフチススキベラyg

トカラベラyg、ツユベラyg、スジハナダイ、フタイロハナゴイなどが観察

出来ました。

 

明日は一転また北東の予報です。

強く吹かないと良いのですが…

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 22:31 * comments(0) * -

波はありますが…

秋の浜

 

気温 20℃ 水温 22.4℃ 透明度 15m 流れ あり うねり あり

 

今日もまた北東の風

いったいいつからこんなに北東の風ばかりが強く吹くようになったのでしょうか?

当然秋の浜は少々強めの波が押し寄せています。

今日はお客様もベテランぞろいなので問題なく潜れました。

 

1ダイブ目アサヒの根に行こうと浅い深度を正面に向かって進んでゆくと強い流れにあい

断念して昨日見られなかったホタテツノハゼを覗きに行くと今日は機嫌よく姿を

見せてくれていました。

しかしなかなか帆を開いてくれません。

 

段落ちではお客様のHちゃんがお決まりのように探してもなかなか見つからなかった

オオモンカエルアンコウを見つけてくれました。

 

際のクダゴンべは居場所も定着したようでいつもの場所で観察することが出来ました。

 

クダゴンべの近くではまだ3僂曚匹梁腓さのフタイロハナゴイが二固体観察することが

出来ました。

 

他にはイロカエルアンコウ、クリアクリーナーシュリンプ、オキナワベニハゼ

マツカサウオ、ケラマハナダイ、オトヒメエビygなどが観察できました。

 

昨日に比べると水温が一度くらい下がってきていますが、まだまだウエットスーツの

ダイバーも多く,当店のお客様も5mワンピースにフードベストという組み合わせで、

問題なく三日間潜られました。

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:50 * comments(0) * -

三連休中日はさすがににぎわう秋の浜です!

秋の浜

 

気温 21℃ 水温 23.3℃ 透明度 15m 流れ あり うねり なし

 

晴天に恵まれました。

風が南西になり西側にはうねりが入りましたが、秋の浜は穏やかになりました。

さすがに三連休の中日は多くのダイバーが秋の浜に集合しています。

 

1ダイブ目浅場に戻って段下で他店のガイドが指さす方向を見るとなんと

 

ツバメウオ!!!

 

しかも成魚サイズ!

一昨年こんなサイズのが数個出たことがありましたがこんな晩秋になって現れるとは

少々驚きです。

 

イロカエルアンコウも定位置で落ち着いていてくれています。

 

他にはツユベラyg、クダゴンべ、アオリイカ、フタスジリュウキュウスズメダイyg

タカベの群れ、オグロクロユリハゼ、テンスyg、クビアカハゼ、トウシマコケギンポ

ノコギリヨウジ、カンパチなどが観察できました。

 

明日はまた北東の風になるようです。

 

秋の浜潜れるかな〜💦

saito-diving * 秋の浜 * 21:12 * comments(0) * -

久しぶりにお客様をお迎え出来ました(笑)

野田浜 秋の浜

 

気温 20℃ 水温 23℃ 透明度 12〜15m 流れ 少し うねり あり

 

10月18日以降ブログが途絶えておりましたが、二週続けて週末台風…

しかも平日はほとんど北東の強風で海に入れない日が多く散々でした。
今年の秋は北東の風ばかりで嫌になります。

 

何とかこの三連休は仕事になりそうで一安心でしたが、朝の秋の浜は

まだうねりが残り初心者のお客様もいらしたので1ダイブ目は野田浜へ

 

18号の影響で地形がかなり変わりました。

陸上は波でえぐれて砂がながされて浜の部分が小さくなりました。

水中も白い砂がほとんどながされて岩肌がむき出しの部分が目立ちます。

 

相変わらず生物はさみしい野田浜ですが、ヨスジフエダイ、ホシテンスyg

ゴンズイ玉、キンメモドキ、アオブダイなどを見ることが出来ました。

 

2ダイブ目は少し穏やかになった秋の浜へ

浅場を回ってきましたがオレンジ色のイロカエルアンコウも台風前にいた場所で

見つけることが出来ました。

 

また、他店のガイドが教えてくれたフリソデエビ!!!

小さすぎて指さしてもらわないと気が付きません。

 

明日も終日秋の浜に潜れそうで一安心です。

 

 

 

saito-diving * 野田浜 秋の浜 * 21:20 * comments(0) * -
このページの先頭へ