<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

25℃以上あった水温も…

秋の浜

 

気温 30℃ 水温 19〜26℃ 透明度 20m 流れ あり うねり なし

 

午前中の潜水では上から下まで25℃以上

 

快適です!

 

透明度も日増しに上がってきている感じですが…

午後になると水深10m位から19℃まで下がってきます

 

陸上の暑さと上に行けば暖かいからと、思えば何とか辛抱できますが

この水温差何とかならないものでしょうか?

 

今日もお客様と秋の浜を3ダイブしました

 

このところ見失っていたホタテツノハゼですが今日はヘビ-リピーターのHちゃんが

見つけてくれました

とてもご機嫌な様子で巣穴からずいぶん離れた状態で観察ができました

 

フタスジタマガシラygやスミツキベラygの姿も見られて少しづつ季節来遊魚が

増えてくることがうれしいです

 

段落ちではウミウシカクレエビなども観察ができました

 

今日も秋の浜はダイバーと海水浴客、スノーケラーなどで大賑わいでしたが

おそらく今週がピークなのでしょうね

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:05 * comments(0) * -

大賑わいの秋の浜

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 21〜26℃ 透明度 15〜20m 流れ あり うねり なし

 

お盆ウイークに入り秋の浜は混雑するようになってきました

 

台風以降南西の風が吹き続けていることとおそらく台風からのうねりが

入っているせいで西側のポイントの海況が悪いせいもあるのですが

何と言ってもここ数年海水浴の観光客に大人気の秋の浜です

 

エントリーして上を見上げるとスノーケラーや数々の浮き輪が浮かんでいるのが

見えるのもこの週ならではです

 

今日もお客様と秋の浜を3ダイブしました

 

水温は午前中下まで25℃台ありますが午後になると下がってくる傾向があります

暖かいつもりでエントリーしてびっくりします

 

主に観察で来た生物はクダゴンべ、キイロウミウシ、ミナミハコフグyg

スミツキベラyg、リュウモンイロウミウシ、ハナハゼ、カスザメ、キツネベラyg

ガラスハゼ、トビエイ、クロフチススキベラyg、セジロノドグロベラyg

ヤシャハゼ、ハナアナゴなどが観察できました

 

午前中のダイビング中他店オーナーのH氏がペガススベニハゼを指さして

教えてくれました

恥ずかしながらあまりの小ささにオキナワベニハゼとの見分けがつきません

でした

 

明日も西側のポイントはうねり模様のようです

 

また秋の浜は混雑しそうですね

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 19:31 * comments(0) * -

体風通過後の海は…

秋の浜

 

気温 30℃ 水温 21〜26.3℃ 透明度 15m 流れ なし うねり なし

 

真夏の海です!

ようやくやってきました

 

うねりと波で洗われた浅場の岩が白くまぶしい水中です

少々の白濁りが真夏の海らしくブルーの水中は水温26℃台と快適です

 

残念なのは浅場の生物がみんなどこかへ行ってしまいました

環境が変わってしまったせいなのでしょうが早く元の通りにぎやかになって

もらいたいですね

 

今シーズン初見のタテジマキンチャクダイygが段落ちに出現しました

 

他に新たな初見はありませんでしたが、ワニゴチ、マツカサウオ、スジハナダイ

イガグリウミウシ、キイロイボウミウシ、ネンブツダイygの群れ

ミナミハコフグygなどが観察できました

 

今日は大島町の夏祭りです

一年で一番人口が増える日ともいわれています

 

おかげで発売日から船は満席で本日からのお客様も午後到着の便で到着後

サンセットダイビングを楽しんでいただきました

 

saito-diving * 秋の浜 * 18:01 * comments(0) * -

海況に大きな変化はありません

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 22〜25℃ 透明度 15m 流れ なし うねり なし

 

暑い日が続きます

今日もお客様と秋の浜を2ダイブ

 

まだ上と下とで水温さはありますが少しづつ確実に水温は上がってきています

残念なのはまたまたの台風発生!

予想進路は12号と同じような進路で大島に近づいてくる予報です

小笠原方面からの接近は風が北東になり秋の浜が大きなダメージを受けるのが

心配です

 

本日主に観察できた生物はキツネベラyg、フリエイボウミウシ、クロフチススキベラyg

アマミスズメダイyg、ミナミハコフグyg、トウシマコケギンポ、ケラマハナダイ

などが観察できました

 

このところ目につかなかっためっきり個体数が減ったハナハゼも

今日は見つけることが出来ました

 

段落ちではオシャレカクレエビが多く観察できるようになってきました

地味ですがこの生物も夏の訪れを感じさせてくれる生物です

 

来週は私用で上京予定ですが船の就航予想は8日9日欠航予想で帰って来られるかが心配な

上京になりそうです

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:01 * comments(0) * -

今日はまた暖かい

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 22〜25.4℃ 透明度 13m 流れ あり うねり なし

 

昨日水温が下がったので今日は恐る恐るエントリー

 

「あったか〜い」(⌒∇⌒)

 

しばらくしてDCを見ると25.4℃!

暖かいわけです

 

3ダイブ中正午頃のダイビングでは25m位からサーモクラインが見え始め

22℃と少々冷たかったのですが3ダイブ目には上から下まで25℃台となりました

 

ようやく夏の海到来かな?

 

浅場にはモンツキハギツノダシの数も増え始めています

今日の初観察はアカヒメジ

地味ですが私はこの魚も夏魚のイメージが強くうれしい出会いです

 

他にはミツボシクロスズメダイ婚姻色のイトヒキベラ、オグロベラ、ヤシャハゼ

オルトマンワラエビ、クダゴンべ、キイロウミウシ、ミナミハコフグyg

タカベの群れ、イサキの群れ、アカシマシラヒゲエビ、アカホシカクレエビ

などが観察できました

 

透明度が今一つですが秋の浜は今、どこも群れ群れ群れ!

普通種のキンギョハナダイもあれだけ群れると迫力があると…という感じです。

saito-diving * 秋の浜 * 16:34 * comments(0) * -

またまた水温が下がってる〜

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 21〜22.5℃ 透明度 8〜13m 流れ なし うねり なし

 

暑い日が続いています

今日はエントリーしてびっくり

 

「冷たい!」

 

水温は21℃

 

昨日は25℃もあったのにどういうわけだろう

2ダイブ目には23℃くらいの場所もありましたが透明度も悪くちょっとがっかりです

午前中の2ダイブだったので午後にどのように変化したのかはわかりませんが

昨日とのギャップに驚きました。

 

 

 

主に観察できた生物はアマミスズメダイyg、ジョーフィッシュ、モンツキハギyg

ハナアナゴ、ヤシャハゼ、ガラスハゼ、セミホウボウ、クロハコフグ

ルージュミノウミウシなどが観察できました。

 

明日にはまた暖かくなっていると良いですね〜

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 18:16 * comments(0) * -

クロハコフグ登場!

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 23〜25℃ 透明度 10〜15m 流れ なし うねり なし

 

今日から八月です

今年は梅雨明けが早かったせいかもう八月?というよりまだ八月?(笑)

水温は上昇しています

 

台風12号通過後お客様が途切れたので台風後の初ダイビングです

水中は岩が崩れたり捲れたりでいたるところで台風後の水中を見ることが出来ます

北東の風で通過した台風なのでかなりダメージを受けていたようです

 

なんといっても秋の浜の右側のハシゴが駐車場まで打ち上ってしまったというのは

過去なかったことです

 

今日の初観察はハタタテハゼ

珍しく段落ちの水深8m程度の場所に出ました

 

それから何と言ってもクロハコフグ

過去数回見たことはありますが、前回見たのがいつだったか思い出せないほど

前の出来事です

 

他にはアマミスズメダイyg、スジハナダイ、クダゴンべ、ヒトデヤドリエビ

キツネベラyg、ミナミハコフグyg、サキシマミノウミウシ、ジョーフィッシュ

ガラスハゼ、モンツキハギyg、カモハラギンポ、ヨメゴチ、カスザメ

ヤシャハゼなどが観察できました。

 

これからもどんどん増えてくる南方系に期待大です

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:34 * comments(0) * -

少しづつ季節来来遊魚が増えてきています

秋の浜

 

気温 32℃ 水温 18〜24℃ 透明度 8〜20m 流れ なし うねり なし

 

海況は相変わらずです

時間帯によって水温、透明度共に大きく変化します

最近はエントリーする前に「暖かいかな?冷たいかな?」とか「きれいかな?

濁ってるかな?」などと予想しながらエントリーするのが習慣に夏なってきています

 

今日もお客様と秋の浜を3ダイブです

 

今日発見の季節来遊魚はツユベラyg六月中旬に見た!という話は聞きましたが

私は初観察です

 

浅場の人気物ミヤケテグリの穴では昨日見つからなかったコウワンテグリyg

観察することが出来ました

 

ホタテツノハゼも今日は上機嫌で姿を見せてくれました

 

浅場では被災ぶりにカイメンガニが見つかりました

ゴミみたいな(失礼!)カニですが結構珍しいカニです

残念なことにお客様に指しても反応が薄くちょっとかわいそうなカニです

 

いやあホント暑いですね〜

海から上がった30分間くらいが一日の中で一番快適かもしれません

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:44 * comments(0) * -

水温 透明度ともに目まぐるしく変化します

秋の浜

 

気温 32℃ 水温 18〜23℃ 透明度 7〜20m 流れ あり うねり なし

 

暑い日が続いていますがこちらもとうとう最高気温32℃になりました

東京では36℃とか…

こちらもあまり経験したことないような暑さに驚いています

 

こういう時は海に入るのが一番!

でも、気温と最低水温の差は14℃!

 

ここ数週間深場は冷たく透明度が高い、浅場は暖かく濁っていると、いう状況が

続いていますが、朝と夕方ではまた海水の子が変わり全体的に濁ってくることが

多いです

 

そんな海況ですがお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

おもに観察できた生物はセナキルリスズメダイ クロフチススキベラyg クダゴンベ

オキナワベニハゼ ミヤケテグリ ガラスハゼ オトメウミウシ ミナミハコフグyg

ハナハゼ ハナアナゴ ジョーフィッシュ ヒラマサ アカシマシラヒゲエビなどが

観察できました

 

浅場では先日のツノダシに引き続き夏の代表魚モンツキハギygが観察できました

 

ホタテツノハゼは確認はできたもののご機嫌が悪く何か音をたてたり

動いたりしたわけでもないのにするりと穴の中に入られてしまいました

 

明日もさらに暑くなるそうですね

水温ももう少し高くなってくれると良いですね

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:20 * comments(0) * -

水温上昇! だけど…

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 23.7℃ 透明度 7m 流れ なし うねり あり

 

今日は午前中に秋の浜を2ダイブです

 

水温は順調に上昇してきていて水深30mでも22℃台

浅場は24℃近くなり浅場と深場の水温差が少なくなってきました

 

嬉しい反面透明度は落ちてきています

浮遊物が増えて茶色い水になってしまいました

残念ですがこれも夏の海へと移り変わるステップの一つです

 

透明度が悪いので生物の方もパッとしませんでしたがやたらとイサキの群れだけは

どのコースを潜っても目につきました

 

このところジョーフィッシュも元気に顔を見せています

段上のミヤケテグリyg、コウワンテグリygの観察も続いています

 

この透明度の中潜ってとてもうれしかったこと…

今シーズン初ツノダシを見つけました\(^o^)/

たった一個体ですが夏魚代表ともいえるこの魚がいるといないとでは水中のイメージが

大きく変わるのです

 

昨年は数が少なくがっかりでしたがこれから数が増えてくることを期待したいですね

 

この濁りサーっと一日で無くならないものですかね〜

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:08 * comments(0) * -
このページの先頭へ