<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

今日も北東ですが…

秋の浜

 

気温 21℃ 水温 21.4℃ 透明度 15m 流れ なし うねり あり

 

本当に北東の日が多くて嫌になります

昨夜は10m以上吹いたようですが、朝には6〜7mに収まりました

以外にもうねりは昨日より静かになった感じがしました

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブしました

 

昨日見損ねたニシキフウライウオですが、他店情報を得て再度チャレンジ

聞いた場所で見つからず「もしや!」と、思い今まで一番長い時間を過ごした

場所を見るとちゃんとペアで居てくれました(笑)

 

意外とこんなもんです

 

また、1ダイブ目に見つけることが出来なかったホタテツノハゼも2ダイブ目に

再チャレンジ

 

これまたあっさり観察することが出来ました

 

浅場ではアカハチハゼやツユベラygなどの南方系もまだまだ頑張ってくれています

 

正面砂地ではヤシャハゼとヒレナガネジリンボウが同じ穴?から出ているところも

観察できました

 

左の梯子の下で観察されていたカミソリウオも見つけることが出来ました

 

他にはクダゴンべyg、イソギンチャクエビ、クリアクリーナーシュリンプ

オシャレカクレエビ、キリンミノフリエイボウミウシなどが観察できました

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:09 * comments(0) * -

うねり模様ですが潜水可能です

秋の浜

 

気温 20℃ 水温 21.5℃ 透明度 10〜15m 流れ なし うねり あり

 

今週末も北東の風がやや強い予報だったので心配しましたが問題なく潜ることが

出来ました

 

今日からお客様をお迎えして秋の浜を2ダイブしました

 

五日ぶりにニシキフウライウオを見つけに行くとどうしても見つかりません

いよいよいなくなってしまったのでしょうか?

 

このところ浅場の中層で1m以上あるヒラマサを見かけますが今日は数匹の群れを

見ました

少々遠目でちゃんと見られなかったのが残念ですが、ひょっとするとこちらは

ブリだったのかもしれません

 

右の浅場のミドリイシサンゴにはナンヨウハギ、フタスジリュウキュウスズメダイ

ヤリカタギygがまだまだ元気に泳いでいてくれています

今年はナンヨウハギの数、観察期間共に過去最高ではないかと思います

 

二十年前秋の浜でナンヨウハギが見られるなんて想像もできなかったのに…

 

個体数が多いといえば今年はタテジマキンチャクダイygやソメワケヤッコも

多く目にします

特にタテジマキンチャクダイはこんなサイズ大島であまり見たことない!と、

言うサイズまで成長しています

 

正面のクビアカハゼエリアでは5個体以上の観察ができました

 

他にはクロフチススキベラyg、テンスyg、ケラマハナダイ、スジハナダイ

カンムリベラyg、メガネスズメダイ、ジョーフィッシュ、ヤシャハゼ

アマミスズメダイなどが観察できました

 

明日も北東の予報で今夜は少し強く吹く予報です

何とか明日も潜れますように

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:27 * comments(0) * -

記念ダイブ!

秋の浜

 

気温 22℃ 水温 21.6℃ 透明度 13m 流れ なし うねり なし

 

一昨日からご利用いただいているお客様の一人が本日の2ダイブ目に

50ダイブをお迎えになられました

 

おめでとうございます!

 

同じ職場グループの友人に見守られ記念写真

 

お客様の記念ダイビングをすると自分がいつ頃その本数だったかなど

思い出します

私が50ダイブの頃まさか自分がダイビングの店を開業するなんて夢にも

思っていなかったな〜などと一人笑ってしまいます

 

さて、観察できた生物はフタイロハナゴイ、ケラマハナダイ、アカシマシラヒゲエビ

ムチカラマツエビ、ハナミノカサゴ、スミツキベラyg、クリーナーシュリンプ

ヒラマサ、スケロクウミタケハゼ、ジョーフィッシュなどが見られました

 

梯子の下のカミソリウオは今日も観察できました

 

ニシキフウライウオはばっちりペアで見られました

近くではアサヒハナゴイも2個体観察が続いています

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:57 * comments(0) * -

天気が今一つです

秋の浜

 

気温 18℃ 水温 22℃ 透明度 10m 流れ あり うねり なし

 

今年の秋は秋晴れに恵まれる日が少ない気がします

日差しが無いと浅場の水中すら暗い感じで今一つですね

 

今日もお客様と秋の浜を3ダイブしました


主に観察できた生物はカンムリベラyg、ナンヨウハギ、ヤシャハゼ、ツユベラyg

ホタテツノハゼ、ミスジスズメダイ、キイロウミウシ、ヒレナガネジリンボウ

フタスジタマガシラyg、ブチススキベラygなどです

 

クマドリカエルアンコウygは少し居場所を変えながら観察が続いています

長期にわたり成長が見届けられると良いですね

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:37 * comments(0) * -

天気は今一つですが…

秋の浜

 

気温 19℃ 水温 22℃ 透明度 15〜20m 流れ なし うねり あり

 

吹き続く北東の風で秋の浜はうねり模様ですが午後にはだいぶ穏やかに

なってきました

 

今日もお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

1ダイブ目エグジットしようとハシゴの下に目をやると、何と…

 

カミソリウオ

 

以前からその辺りで見つかったり隠れたりを繰り返していた個体のようですが

それはそれは目立つところに出てきたものです

 

ここ数日ご機嫌が悪かったジョーフィッシュですが今日はご機嫌な姿を見せて

くれました

 

他にはヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ケラマハナダイ、スケロクウミタケハゼ

クビアカハゼ、クマドリカエルアンコウ、フリソデエビ、クダゴンべ

などの観察ができています。

 

1ダイブ目にホタテツノハゼを見ようと正面を探してみましたが見つかりません

隠れているだけなら良いのですが…気になります

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:00 * comments(0) * -

いよいよクマドリカエルアンコウの登場です!

秋の浜

 

気温 21℃ 水温 21.5℃ 透明度 10〜15m 流れ あり うねり あり

 

北東の風の影響で少し波が高い状態の秋の浜です

潜行してしまえば問題ありませんが水面にいると時々真の前が真っ白になります

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブです

 

数日前体験ダイビングのお客様と秋の浜に潜りに来た際「クマドリカエルアンコウが

出てますよ〜」と他店から情報をもらいましたが、体験ダイビングのお客様と

一緒に探しに行くわけにもゆかず…

でも今日はばっちり観察することが出来ました

 

水深は浅いものの良くこの大きさのものが目に入るな〜と、感心してしまうほどの

小ささです(笑)

でもちゃんとクマドリカエルアンコウの形をしています

 

今年に入りカエルアンコウの仲間がめっきりと減ってベニカエルアンコウすら

観察できない日々が続いていましたが嬉しい発見です

 

他にはニシキフウライウオのペア、クダゴンべ大小二固体、ケラマハナダイ

ジョーフィッシュ、ヤシャハゼ、フリソデエビ、オシャレカクレエビなどが

観察できました

 

クマドリ永くその成長を観察したいですね

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:44 * comments(0) * -

地味ですが珍しいセミエビです!

秋の浜

 

気温 23℃ 水温 21.4℃ 透明度 13m 流れ なし うねり なし

 

今日も朝から良く晴れました

朝からお客様と秋の浜を2ダイブです

 

2ダイブ目に段落ちの穴の中を見ると大きなセミエビがこちらを向いて

入っていてびっくり!!!

普通種なのでしょうがダイビング中ほとんど見かけることが無く

前回見たのは何年前だろう?と、考え込んでしまうくらい久しぶりです

そういう意味ではニシキフウライウオやフリソデエビよりも貴重かもしれません

 

段落ちではこのところ同じ個体を見ているのであろうキリンミノが観察できました

ミノカサゴの仲間の中でも比較的希少できれいな魚です

 

他にはキツネベラyg、トウシマコケギンポ、クロフチススキベラyg、

アマミスズメダイ、ヘラヤガラ、タテジマキンチャクダイyg、クダゴンべ

ハタタテハゼ、ニシキフウライウオのペア、オシャレカクレエビ

クリアクリーナシュリンプなどが見られました

 

昨日から二日間潜られたお客様はレンタルのウエットスーツでしたが

天候にも恵まれたせいか比較的快適に潜れたそうです

これ位(22℃前後)の水温で年末くらいまで推移してくれると良いですね

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:34 * comments(0) * -

透明度は今一つですが生物が多く楽しい水中です

秋の浜

 

気温 22℃ 水温 21.8℃ 透明度 13m 流れ なし うねり なし

 

朝から良く晴れた一日です

こういう天気だと洗濯物も良く乾きそうです

 

ジェットフォイルでお客様をお迎えして秋の浜を2ダイブしました

 

人気のニシキフウライウオはばっちりペアで見ることが出来ました

 

フリソデエビの観察も続いています

 

他にはツユベラyg、カンムリベラyg、フタスジタマガシラyg、ジョーフィッシュ

セジロノドグロベラyg、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ、オキナワベニハゼ

スミツキベラyg、アカハチハゼ、キツネベラyg、クロフチススキベラyg

アマミスズメダイ、ヘラヤガラ、タテジマキンチャクダイyg、クダゴンべ

ハタタテハゼ、オシャレカクレエビ、クリアクリーナシュリンプなどが

観察できました

 

私が大好きな(笑)ゴンズイ玉も二か所で見ることが出来ましたよん

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 22:16 * comments(0) * -

本日はダイビング日和

秋の浜

 

気温 22℃ 水温 22.7℃ 透明度 15m 流れ あり うねり なし

 

今日は朝から良く晴れてダイビング日和となりました

海況に大きな変化はなくお客様と楽しく秋の浜を2ダイブしました

 

際ではクダゴンべ、ニシキフウライウオ、タテジマキンチャクダイygなどの

観察が続いています

ニシキフウライウオはペアになったり離れたりを繰り返していますが

ほぼ定位置をキープしてくれているのであまり探さずに済んで助かります

 

浅場のフリソデエビも同じ場所で」観察ができています

まだ小さな個体なので撮影にはクローズアップレンズが必要です

 

正面でソメワケヤッコが目に入りました

子供が絵の具で塗り分けたような姿ですが染め分け…とは良い名前が付いたものです

 

他にはクリアクリーナシュリンプ、メガネスズメダイ、ツユベラyg、

カンムリベラyg、ナンヨウハギyg、ヤリカタギyg、

フタスジリュウキュウスズメダイなどが観察できました

 

中層ではアオリイカの群れが見られました

まだまだ20〜30冂度の大きさですが、これが今年生まれた生物かと思うと

その成長ぶりに驚きます

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:07 * comments(0) * -

二週間ぶりの更新ですが…

秋の浜

 

気温 23℃ 水温 22〜23℃ 透明度 10〜15m 流れ あり うねり あり

 

先週末はお休みをいただいたことで二週間ぶりの更新となってしまいました

秋の浜の海況は東側に停滞する低気圧の影響でうねりのある状態が続いています

西側のポイントはは南西の風が強く潜水不可です

 

今日はお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブです

 

数日ぶりのダイビングなので生物がどうなっているか心配でしたがニシキフウライウオは

同じ場所で観察することが出来ました

ただ、♀の行方が分かりません

 

5僂らいの大きさの小さなクダゴンベも見つけることが出来ました

 

ハタタテハゼ、タテジマキンチャクダイyg、などの季節来遊魚も相変わらず観察が

出来ています

 

段落ちではフリソデエビも観察できました

 

午後にはうねりも少し収まってきましたがここ二週間ほとんど北東の風が続き

秋の浜は潜水不可な日も多かったようです

 

今週末は問題なく潜れてラッキーでした

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:47 * comments(0) * -
このページの先頭へ