<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

水温上昇! だけど…

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 23.7℃ 透明度 7m 流れ なし うねり あり

 

今日は午前中に秋の浜を2ダイブです

 

水温は順調に上昇してきていて水深30mでも22℃台

浅場は24℃近くなり浅場と深場の水温差が少なくなってきました

 

嬉しい反面透明度は落ちてきています

浮遊物が増えて茶色い水になってしまいました

残念ですがこれも夏の海へと移り変わるステップの一つです

 

透明度が悪いので生物の方もパッとしませんでしたがやたらとイサキの群れだけは

どのコースを潜っても目につきました

 

このところジョーフィッシュも元気に顔を見せています

段上のミヤケテグリyg、コウワンテグリygの観察も続いています

 

この透明度の中潜ってとてもうれしかったこと…

今シーズン初ツノダシを見つけました\(^o^)/

たった一個体ですが夏魚代表ともいえるこの魚がいるといないとでは水中のイメージが

大きく変わるのです

 

昨年は数が少なくがっかりでしたがこれから数が増えてくることを期待したいですね

 

この濁りサーっと一日で無くならないものですかね〜

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:08 * comments(0) * -

透明度が落ちてきています

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 18.7〜22.5℃ 透明度 7〜10m 流れ あり うねり なし

 

午前と午後に1ダイブづつ潜りましたが、午前中はまだ10m以上見えていた透明度が

午後には「えっ!」と、言うほど悪くなってきてしまいました

水温も午後の方が高くなってきているのでそのせいかもしれません

 

場所によって流れが強く時として水底の何かに掴まらないとなかなか前に

進めないことすらありました

 

主に観察した生物はジョーフィッシュ、ガラスハゼ、クダゴンべ、キツネベラyg

セナキルリスズメダイ、キイロウミウシ、フタイロハナゴイ、ヒラマサなどが

観察できました

 

しかしこの透明度いつまで続くのでしょうかねぇ〜

saito-diving * 秋の浜 * 20:16 * comments(0) * -

水中も少しづつ夏です

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 18〜22℃ 透明度 10〜15m 流れ あり うねり なし

 

連日の早朝で少々疲れ気味ではありますが、暑い暑いとは言いながらやはり夏は

いいですね

 

今日も大島は30℃を超えました

 

東京と比べればまだまだ涼しいのでしょうね

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブしました

 

水面水温は22℃くらいまで上がっていて深場のアサヒの根でも18℃台と全体的な

水温は上昇しています

 

そして夏らしい少々の濁り…

水深20m位までは10m程度の透明度ですが水温が下がる場所まで行くと透明度は

良くなります

 

これといった新しい生物の発見には至りませんでしたが、左砂地のトゲトサカには

コシオリエビの仲間が見つかりました

 

左砂地はずいぶん久しぶりに行きました相変わらず穴ハゼの仲間などはダテハゼ以外

全く目にすることはありませんでした

以前はあちらこちらで見られたのに…

 

また、季節外れのイガグリウミウシが観察できました

 

左梯子付近ではタカベygの群れが勢いよく泳いでいてこんな風景も夏ならでは

です

 

さて、明日はどれくらいまで上がってくれるでしょうか

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:59 * comments(0) * -

まだまだつめたい潮が入ります

秋の浜

 

気温 30℃ 水温 17〜21℃ 透明度 20m 流れ なし うねり なし

 

午前中と午後で水温がずいぶん変わります

今日のお客様はドライスーツ

 

もちろん私もドライをチョイスしてしまいました

 

朝から秋の浜を3ダイブです

 

主に観察できた生物はクダゴンベ、フタイロハナゴイ、アサヒハナゴイ

アマミスズメダイyg、ビシャモンエビ、ルリハタ、ワニゴチ、ジョーフィッシュ

ガラスハゼ、アカシマシラヒゲエビ、ホタテツノハゼなどです

 

ラッキーだったのはずっと観察が続いていたのにひと月ほど前から姿が

見えなくなったベニカエルアンコウがまた復活してくれました

たぶん同じ個体だと思いますがまたこのまま居ついてくれると良いです

 

正面と右砂地の境付近ではずいぶん久しぶりにハナハゼが観察できました

普通種ですがここ数年めっきり姿を見なくなった魚です

 

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:44 * comments(0) * -

秋の浜の水温も徐々に上がっています

秋の浜

 

気温 28℃ 水温 20〜22℃ 透明度 5〜8m 流れ なし うねり なし

 

水温が上がり傾向で水深30mへ行っても20℃を切ることはなくなりましたが、透明度は

かなり落ちました。

特に午後の深場の透明度が悪く暗い印象の水中です。

 

今日は当店ではめったにあることではない横浜にあるお店のツアーガイドです。

オーナーさんが私と同い年(笑)

業界歴は私の倍以上というダイビングの歴史のような大先輩です。

 

パデイ主催のフィージーツアーで知り合いになり以後シンポジウムなので会うと世間話を

してきていましたが、今年の冬「一度行くよー」と、言ってもらいこの度一泊二日の

ツアーになった次第です。

 

週間予報では曇雨でしたが、運よく雨も降らず時々晴れ間の見える蒸し暑い一日とはなりました。

 

さて、生物の方は特にこれといって新たな出現はありませんが、フタイロハナゴイ

アサヒハナゴイ、クダゴンべ、スジハナダイ、キイロイボウミウシ、ガラスハゼ

カスザメ、アカホシカクレエビ、ヒラマサ、トウシマコケギンポなどを観察してきました。

 

明日はショップさんのリクエストでスーパー早朝ケイカイに行ってきま〜す

 

三時半起き(;´д`)

saito-diving * 秋の浜 * 21:09 * comments(0) * -

土砂降りの中 楽しい体験ダイビング

秋の浜

 

気温 27℃ 水温 21℃ 透明度 7m 流れ なし うねり なし

 

朝から強く降ったり止んだりを繰り返すあいにくの天気…

そんな中ですが体験ダイビングのお客様をお迎えしました。

 

お客様は一度沖縄での経験がありスムーズ潜行して耳抜きもばっちり!

 

体験ダイビングにしては長い時間水中世界を楽しんでいただきました。

 

キンギョハナダイネンブツダイの群れオルトマンワラエビクマノミ

ミツボシクロスズメダイなどいろいろな生物に感動していただきました。

 

終了後ホテルまでお送りする際伺ったのですが、「雨女」💦だそうで

旅行というと必ず雨が降るそうです。

saito-diving * 秋の浜 * 22:38 * comments(0) * -

水温は上昇傾向です

秋の浜

 

気温 27℃ 水温 18.6〜21℃ 透明度 10m 流れ なし うねり なし

 

ムシムシと暑い日が続いています。

東京では連日30℃を超える日が続いているようですが、意外にもこちらは30℃を

超える暑さはありません。

 

今日は地元大島のお客様をお迎えして秋の浜を2ダイブしました。

 

一昨日と比べると透明度が少し落ちたようですが水温は上昇傾向です。

 

主に観察できた生物はマツカサウオ、オトメウミウシ、アサヒハナゴイ

アカシマシラヒゲエビ、サクラダイ、クダゴンべ、ブチススキベラyg

クロフチススキベラygなどです。

 

ホタテツノハゼを見に行くと今日はパンパンに帆を張っていて久しぶりに

ホタテツノハゼらしい姿を見ることが出来ました。

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:09 * comments(0) * -

夏らしい日差しの一日です

秋の浜

 

気温 28℃ 水温 19.8〜21℃ 透明度 10〜15m 流れ なし うねり なし

 

暑い一日になりました。

水温があまり上がらないのでいまだドライスーツの私もそろそろ衣替えをしないと

いけなそうです(笑)

 

今日もお客さまと秋の浜を2ダイブしました。

 

久しぶりに右の深場に行ってみるとアオウミガメが見られました。

タンクも背負っていないのにずいぶんと深く潜るものですね〜

 

近くでは成魚サイズのセナキルリスズメダイも観察できました。

 

他にはクロフチススキベラyg、フタイロハナゴイ、リュウモンイロウミウシ

ミナミハコフグyg、ホタテツノハゼ、クダゴンべ、アサヒハナゴイ、ビシャモンエビ

などが観察できました。

 

あぁ〜

 

ウエットかぁ〜💦

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:24 * comments(0) * -

気温と水温の差に参ります

秋の浜

 

気温 26℃ 水温 17.5〜20.5℃ 透明度 15〜20m 流れ なし うねり なし

 

関東講師熱地方は観測史上初といわれる早い梅雨明けだそうですね

こちらの天候はえっ梅雨明け?と、感じるほどどんよりとした霧が立ち込める。
日が続いています。

 

水中の方は時間帯により冷たく透明度の良い潮が入ってきて午後には水深15m

位から17℃台になってしまいました。

しばらくこんな環境が続くかと思いますが外気が高くなってきているので

その冷たさをよけいに感じます。

 

 

いよいよシーズン到来です!

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブしました。

主に観察できた生物はアサヒハナゴイ、フタイロハナゴイ、クダゴンベ、マツカサウオ

ジョーフィッシュ、ホタテツノハゼ、ガラスハゼ、アカホシカクレエビ

アカシマシラヒゲエビ、サキシマミノウミウシなどが観察できました。

 

エグジット近くのオーバーハングでは1僂頬たないくらいの大きさの

ミナミハコフグygが観察できました。

これからの時期季節来遊魚がどんどん増えてくるのを期待したいですね。

saito-diving * 秋の浜 * 21:35 * comments(0) * -

少しづつ初夏の兆しを感じる水中です

秋の浜

 

気温 24℃ 水温 20℃ 透明度 15m 流れ 少し うねり なし

 

水温も少しづつ上がってきています。

透明度も良好でこの時期としてはまずまずの海況です。

 

今日は大島在住のお客様をお迎えして秋の浜を2ダイブしました。

 

主に観察した生物はヒトデヤドリエビ、フタイロハナゴイ、アサヒハナゴイ

クダゴンベ、スジハナダイ、マツカサウオ、フタホシキツネベラ、ジョーフィッシュ

ホタテツノハゼ、ニシキウミウシ、キイロウミウシ、アカシマシラヒゲエビ

ノコギリヨウジなどが観察できました。

 

取り立てて新たな生物の発見はありませんが良好な環境で楽しいダイビングが

出来ます。

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:17 * comments(0) * -
このページの先頭へ