<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

今日も北東です 秋の浜は…

秋の浜

 

気温 26℃ 水温 26.5℃ 透明度 15m 流れ あり うねり あり

 

北東の風が続きます

昨日ほどの強風ではなく今日は何とか潜水可能でした

 

朝からお客様と秋の浜を2ダイブしました

 

右砂地のヤシャハゼはとても敏感でお客様が気づく前に引っ込んでしまいました

 

ジョーフィッシュも今日は元気がなくなかなか姿を見せてくれませんでした

 

際で見つけたカミソリウオは三日ぶりの再会を目指しましたがいなくなっていました

やはりペアにならないと移動が激しいようです

 

際の中ほどでは無数のキンギョハナダイの群れが流れに逆らって泳ぐ姿が

壮観でした

 

ハタタテハゼの姿も見られました

 

明日も明後日も北東の予報です

停滞する前線が消えてくれないことにはしばらく仕方がなさそうですね

 

saito-diving * 秋の浜 * 17:09 * comments(0) * -

冷たい 流れる

秋の浜

 

気温 30℃ 水温 18〜22℃ 透明度 15〜30m 流れ 強い うねり なし

 

午前中の秋の浜は流れが非常に強く右の砂地へ行くのを途中で断念

先週末と同じような状況でした

 

また、水温が低く20mを超えると18℃台になりました

冷たい潮の透明度は非常によく30m以上見えているようでした

 

9月ももうすぐ半ばだというのに今シーズンはなんでこんなに冷たい潮が入るのか

不思議です

 

主に観察できた生物はコウイカ、アカホシカクレエビ、テンスyg

フタスジタマガシラyg、トウシマコケギンポ、ヤリカタギyg、ナンヨウハギyg

ヤシャハゼフタスジリュウキュウスズメダイ、ミスジスズメダイyg

ジョーフィッシュ、ガラスハゼ、ニシキウミウシの幼体、ネンブツダイygの群れ

イソギンチャクモエビなどが見られました

 

午後の2ダイブ目は流れは収まりましたが、水温は上で23℃下で20℃と少しは

上がったものの低い状態が続いています 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:16 * comments(0) * -

カミソリウオも登場です!

秋の浜

 

気温 30℃ 水温 19〜24℃ 透明度 15〜20m 流れ あり うねり なし

 

西側のポイントは相変わらず風波の強い状態が続いていますが秋の浜は

至って穏やかです

目まぐるしく変化する水温と時として強く流れる海況も変わりはありません

 

今日もお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

他店インストラクターよりカミソリウオが出たとの情報を聞き見に行くと

なかなか見つからず同じ場所を数回見に行くとようやく見つけることが出来ました

季節来遊魚の代表格のこの魚毎年どこかで見られます

このままペアになって居ついてくれると良いです

 

際の深場ではアサヒハナゴイが観察できます

今のところ同時に二固体見られていますが、もう一個体大きなのがいるようです

 

浅場のアカハチハゼやナンヨウハギyg、カンムリベラygも数個体観察できます

 

日増しににぎやかになってゆく水中が楽しみですね

 

台風21号の予想進路がはっきりしてきて前回の台風よりは西側を進むようです

波浪予想を見るとやはり4日、5日あたりが船の就航に影響が出そうです

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:45 * comments(0) * -

アドバンスコーススタート

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 22〜27℃ 透明度 13〜20m 流れ あり うねり なし

 

相変わらず水温が安定しない日々が続いています

1ダイブ目エントリー直後27℃あった水温が午後には22℃!

それだけ激しく潮が入れ替わっているのでしょうがあまりにも差がありすぎです

 

今日からはファンダイビングとアドバンスコースのお客様をお迎えしました

 

主に観察できた生物はアカハチハゼ、ミツボシクロスズメダイ、フタイロハナゴイ

フタスジタマガシラyg、アマミスズメダイ、クロフチススキベラyg、ワニゴチ

スジハナダイ、ケラマハナダイ、モンツキハギyg、ミナミハコフグyg

アカヒメジ、ナンヨウハギyg、スミツキベラyg、オキナワベニハゼ、ヤシャハゼ

ジョーフィッシュなどが観察できました

 

コースの方は「AWARE魚の見分け方」「ナビゲーション」を終了!

ナビゲーションではとても正確なキックで素晴らしく正確なフィンスイムを

見せてくれました

 

平日とはいうものの秋の浜は大賑わいで駐車スペースにも困るほどです

8月も明日で終わりですがいよいよ本格的ダイビングシーズンの到来ですね

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:36 * comments(0) * -

南西の風強し

秋の浜

 

気温 30℃ 水温 21〜24.8℃ 透明度 13m 流れ あり うねり なし

 

昨夜あたりから南西の風が強くなってきました

西側のポイントは風波が出てきています

 

今日の1ダイブ目はケイカイにでもと、お客様をお迎え後ポイントを見に行くと

あまり良い状況ではないようなのであきらめて秋の浜を2ダイブしました

 

際のクダゴンベは最近行動範囲が広くなってきていて見つからないことが

多いのですが、今日は見つけることが出来ました

 

段落ちでは別な場所で見られていたクロハコフグygが観察できました

おそらく同じ個体ではないかと思われますが初めて見た時よりずいぶん成長を

しています

 

他にはカンムリベラyg オシャレカクレエビ ノコギリヨウジ ケラマハナダイ

イソギンチャクモエビ アカホシカクレエビ ビシャモンエビ ナメラベラyg

オキナワベニハゼ ミナミハコフグygなどが観察できました

 

さて、台風21号が発生しました

進路予想はまだばらつきがありますが日本に接近してくることは間違いなさそうです

明日からも南西の風が吹き続けるようですし台風通過後まで西側に入ることは

難しくなりそうです

saito-diving * 秋の浜 * 21:06 * comments(0) * -

西側はまだうねりがあります

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 21〜25℃ 透明度 13〜20m 流れ あり うねり なし(秋の浜)

 

出帆港は元町になりましたが「何で元町?」と、思わずにいられないほど西側には

うねりが残りました

 

今日もお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

相変わらず冷たい潮が入る時間帯があり低い時には21度しかなく短時間で正確な水温は

わかりませんがそれ以下のところもありました

 

透明度も暖かいところは落ちています

 

主に観察できた生物はホタテツノハゼ、アカホシカクレエビ、スミツキベラyg

オシャレカクレエビ、メガネスズメダイ、アカハチハゼ、イソギンチャクモエビ

トウシマコケギンポなどです

 

このところ秋の浜も流れるときがありますが、少し流れがあると普段撮影しにくい

動き回る魚が流れに向かって泳ぐので撮影しやすくなる時があります

流れのある時は試してみると面白いですよ〜

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:09 * comments(0) * -

あいにく今日も冷たい水中です

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 19〜24℃ 透明度 10〜20m 流れ なし うねり なし(秋の浜)

 

昨日同様時間帯により20℃を切る水温です

潜水時間が20分を超えると陸上の暑さが恋しくなってきます

 

今日もお客様と秋の浜を3ダイブしました

 

浅場のテーブルサンゴではナンヨウハギygに続きフタスジリュウキュウスズメダイyg

ヤリカタギygといった南方系が登場してとても大島とは思えないにぎやかさです

 

右砂地のヤシャハゼはなかなか姿が見られませんでしたが今日は元気にホバリング

してくれました

ただ、このあたり見に行った時には水温が20℃を切っていて我慢大会の状態でした

 

深場ではこのところ見かけることのなかったミスジスズメダイygの姿も確認できました

 

段落ちのミナミハコフグygはいつの間にか一固体しか観察できなくなってしまいましたが

ギリギリ「かわいい」と、言えるサイズまで成長していて魚の成長の速さを感じる反面

ずっと小さいままでいれば…と、思わずにいられません

 

あえてじっくり観察していなかったトゲトサカをよく見るとスケロクウミタケハゼが

観察できました

季節来遊魚も増えてきていてこれで水温が上がってくれると最高なのですが…

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:51 * comments(0) * -

水温があぁぁぁぁ

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 20〜24℃ 透明度 10m 流れ なし うねり なし(秋の浜)

 

台風の影響で23日の午後から24日終日ジェットフォイルは欠航になり大型客船のみの

就航となりました

西側の海は今日を含め五日間うねり続きで入れない状態が続いています

 

秋の浜は穏やかですが水温が下がったうえ透明度も落ちています

 

本日お迎えしたお客様と3ダイブしました

 

主に観察できた生物はフタイロハナゴイ、フタスジタマガシラyg、ヒトデヤドリエビ

ワニゴチ、クダゴンべ、スジハナダイ、モンツキハギ、アカヒメジ、ナンヨウハギ

ジョーフィッシュ、キツネベラyg、ハタタテハゼ、アカハチハゼ、ホタテツノハゼ

アカホシカクレエビなどが観察できました

 

水深20mを超えるとところどころ20℃を切るような冷たい潮の場所もあり

8月とは思えない冷たい潮に驚かされてしまいました

 

明日も南西の風が強く吹く予報です

西側はまだ潜れそうにありません

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:17 * comments(0) * -

今シーズンもナンヨウハギ登場!!!

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 25.4〜27.2℃ 透明度 20〜25m 流れ あり うねり なし

 

タイトルの通り今シーズンもナンヨウハギの登場です!

10年以上前はほとんど見たことのない魚だったのに毎年現れるようになって

何年たつことでしょうか?

見られた年は三個体観察できたことを記憶しています

毎年ほぼ同じような場所で見られることも不思議ですが、決まって一二固体しか

見られないと、言うのも不思議です

 

今日は今シーズン最高といっても良いくらいの海況で水温、透明度共にとても

良好です

 

ミヤケテグリyg、アカハチハゼ、ミナミハコフグyg、タテジマキンチャクダイyg

ジョーフィッシュ、ツユベラyg、ガラスハゼ、イガグリウミウシ

キイロウミウシなどの観察も出来ました

 

さて、台風19号に引き続き台風20号の進路もある程度はっきりしてきたようです

午後には西側のポイントのうねりも大きくなり始めて誰が見ても潜水不可の

状態です

 

コース的に直接被害が出るような台風ではありませんが船の欠航などの影響は

避けられそうになさそうです

 

ホント今シーズンは台風が多くて頭が痛いです

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:39 * comments(0) * -

深場はまさかの19℃台!

秋の浜

 

気温 28℃ 水温 19〜26℃ 透明度 15〜20m 流れ あり うねり なし

 

昨日の水の冷たさに少々嫌気がさしたこと、気温がここ数日低くなっていたこと

 

こりゃもうドライスーツしかないでしょ!

と、ヘビーリピーターのTちゃんとのファンダイビングは2ダイブドライで潜りました

 

秋の浜で回りから冷ややかな視線を浴びましたが(笑)

潜ってみれば深場は19℃台!

 

良かった〜

 

気温が低めなので汗もほとんど書くことなく快適に潜ることが出来ました

 

際ではこのところ目につかなかったクダゴンベが元の場所に戻ってきてくれていました

フタイロハナゴイ、ケラマハナダイ、スジハナダイなども観察できました

 

他にはアマミスズメダイyg、マツカサウオyg、フタホシキツネベラ、ハナハゼなどが

観察できました

 

明日にはもう少し暖かくなってくれると良いのですが…

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:43 * comments(0) * -
このページの先頭へ