<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

時間帯により冷たい潮が入ります

秋の浜

 

気温 25℃ 水温 19〜25.7℃ 透明度 15〜25m 流れ なし うねり 少し

 

数日潜らない間に水温も変化してきていたようです。

午前の1ダイブ目は深場の水温も21℃ほどありましたが、午後には19℃とかなり

冷たい潮が入ってきています。

その分低い水温のところは透明度がとてもよく25m〜30mくらい見えているようです。

 

水深が15mより浅い場所と深い場所で5度以上水温の差があり、ダイビングの後半浅場に

移動してくると水がお湯のように感じます。

 

ジョーフィッシュは巣穴に蓋をして出てくる様子がありませんでした。

昨年などはちょうど今頃産卵の時期を迎えていたので今年もそろそろなのかも

しれません。

 

水温が低いにもかかわらずヤシャハゼは元気な姿を見せてくれました。

 

数日前同様あちらこちらでハタタテハゼが観察できます。

 

段落ちのイロカエルアンコウは居場所をかなり移動させていてたまたま近くにいた

他店インストラクターが指をさして教えてくれました。
自分で探したら絶対に見つかりそうにないところまで移動していてびっくりです。

 

浅場のハナゴイygはそろそろ若成魚といってよいほどの大きさまで成長してきています。

水深5mもない場所でどこまで成長するのか楽しみです。

 

さて、今週末は台風18号の影響を受けそうです。

今日からのお客様も念のため明日は潜らずに午前便でお帰りになる予定に変更され

明日からのお客様もキャンセルのご連絡をもらい始めました。

 

この三連休恥ずかしながら今年一番の大入り週末だったのに…😢

 

仕方ないですが残念です。

 

今シーズンの海は黒潮の蛇行が原因なのかもしれませんが、季節来遊魚の

訪れが過去最低といってよいほどありません。

例年この時期にはあちらこちらで観察できるツノダシ、モンツキハギなどは皆無だし

ヨコシマクロダイなども目にしません。

 

15号の時と同じように台風通過後の海に期待したいですね。

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:29 * comments(0) * -

本日も水温は高い状態が続いています。

秋の浜

 

気温 27℃ 水温 24〜27℃ 透明度 15〜20m 流れ あり うねり なし

 

暖かい水中です!

透明度も良好でこういう日はいったい年に何日あるだろう?と、考えてしまいます。

午前中は曇り空の今一つの天気でしたが、午後には晴れてきて気温も上がってきました。

 

今日もお客様と秋の浜を朝からナイトダイビングまで4ダイブしました。

 

主に観察した生物はイサキの群れ、ハタタテハゼ、サキシマミノウミウシ、ヤシャハゼ

ガラスハゼ、ツユベラyg、タテジマキンチャクダイyg、ミナミハコフグyg

フタスジタマガシラyg、イロカエルアンコウなどが観察できました。

 

ナイトダイビングをリクエストのお客様は初ナイトで、緊張気味のエントリ−でしたが

とても楽しんでいただけて私も楽しい1ダイブでした。

 

ライトを消して夜光虫の観察は初めてナイトダイビングを経験されるお客様は

皆さん印象的な出来事のようです。

 

しかし、夜光虫も昔はもっとたくさん観察で来たような記憶があるのは私だけなのか?

とても少なくなってような気がします。

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 22:53 * comments(0) * -

27.4℃!!!

秋の浜

 

気温 28℃ 水温 27.4℃ 透明度 20m 流れ 強い うねり なし

 

お客様をお迎えして朝の1ダイブ目は水温25度台…

昨日より少し下がっているのでこれはどんなものかな?と、心配しながらの

2ダイブ目は強い流れの中でのダイビング…

そして3ダイブ目はなんと27.4℃という過去経験したことのないような

高い水温になりました。

 

透明度も最高です!

 

タテジマキンチャクダイygが初観察!

 

ハタタテハゼはあちこちで10個体以上見られました。

 

イロカエルアンコウの観察も続いています。

 

二か所で観察できているヤシャハゼは水温が高いせいか2ペアとも元気に

ホバリングしていてかなり近づいても引っ込むことなく見ることが出来ます。

 

さあ、明日はどんな生物が増えているでしょうか?

 

楽しみ楽しみ(^▽^)/

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:44 * comments(0) * -

最高の海況の中でのアドバンスコース

秋の浜

 

気温 28℃ 水温 26.5℃ 透明度 20m 流れ なし うねり なし

 

雨予報が晴れになったり天気予報も難しい季節なのでしょう。

何とか終日降られずに済んだ一日です。

 

今日からアドバンスコースのお客様をお迎えしました。

 

水温は27度近く透明度も20m以上と海況としては最高です。

 

ナビゲーションの講習では浅場に引いた30mのラインの反対側で待たれている

お客様が見えるほどでした。

コンパスを見るよりナチュラルで進んだ方が正確かもしれません(笑)

 

3ダイブ目のナイトには昨日まで八丈島で潜られていたお客様が

夕方大島を経由する橘丸で来島されて一緒に楽しむことが出来ました。

 

ナイトダイビングでは20m位からかなり冷たい潮が入っていて

コンピューターの水温がきちんと反応するまでそこにとどまることなく

浅場に移動してしまいましたが時間帯によってはかなり低くなっている

場所もあるようです。

 

この高水温いつまで続いてくれるかな〜

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:54 * comments(0) * -

今年最高の秋の浜!

秋の浜

 

気温 26℃ 水温 26.5℃ 透明度 20m 流れ 強い うねり なし

 

今日も昨日に引き続き前勤務先のお手伝いで秋の浜を4ダイブ…

台風前が嘘のように透明度が良く水温も26.8℃!!!

暖かいです。

 

時間帯によって深場の水温が下がるときもあるようですが快適な

ダイビングが楽しめます。

 

少々驚いたのが大潮周りのせいか非常に強い流れがありました。

秋の浜では年に数回経験することがあるかないかというような

流れで、岩につかまらなければ進めないほどでした。

 

ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、イロカエルアンコウなど

定番の人気生物が見られています。

 

この水温上昇で季節来遊魚も増えてくることでしょう。

saito-diving * 秋の浜 * 21:48 * comments(0) * -

OWDコース無事終了!

秋の浜

 

気温 31℃ 水温 24℃ 透明度 7〜10m 流れ 少し うねり なし

 

朝から良く晴れて海況も穏やかです。

残念なのは透明度がとても悪くなっています。

 

台風15号は東海上を進む予報で明日は北東の風が15m以上吹く予報です。

おそらく秋の浜はもちろん全体がクローズになりそうです。

 

昨日からのOWD講習は午前中に2ダイブ午後に1ダイブを無事に終えて

新たなダイバーが誕生しました。

 

明日は大型船の就航は決まりましたが、ジェットフォイルの就航は

わからない状況です。

大方の予想では午前中は就航するのではないかと思いますが

何とか今日中に講習が終えられて一安心です。

 

あとは明日お客様が無事にお帰りになれることを祈ります。

saito-diving * 秋の浜 * 22:20 * comments(0) * -

水温が下がってきています。

秋の浜

 

気温 30℃ 水温 18.4〜23℃ 透明度 12m 流れ なし うねり なし

 

ここ二日間で水温が下がってきてしまいました。

おまけに透明度も…

深場では20m近く見えていますが水温18度台!

ウエットスーツではかなり堪えますが、ドライになるには気温が高すぎます。

 

段落ちで見つかったイロカエルアンコウの観察はまだ続いています。

 

このところ大人気のヤシャハゼも元気な姿を見せてくれています。

 

他にはジョーフィッシュ、ヒレナガネジリンボウ、ガラスハゼ、メガネスズメダイ

アサヒハナゴイ、ヒトデヤドリエビ、キツネダイ、スジハナダイなどが

観察できました。

 

この低水温早く回復してくれると良いのですが…

saito-diving * 秋の浜 * 20:12 * comments(0) * -

久しぶりのイロカエルアンコウ

秋の浜

 

気温 27℃ 水温 21〜25.5℃ 透明度 15〜20m 流れ なし うねり なし

 

昨日はあんなに晴れたのに今日はどんよりと曇り空…

雨は落ちてきませんでしたが八月だというのにまたパッとしない空模様に

なってしまいました。

今日は体験ダイビングのお客様もお迎えしてファンダイビングを2ダイブと

体験ダイビングで1ダイブしました。

 

段落ちの浅場でオレンジ色のイロカエルアンコウを見つけました!

このところカエルアンコウの仲間を全く見ていなかったので嬉しさ10倍です!

こんなに目立つところにいたのであれば以前から観察されていて、

気づいていなかったのは私だけだったのかもしれませんが…

 

近くで長い期間観察されていたのがこんなに大きくなったのかどうかは

定かではありませんが、よく似た個体です。

 

他にはネコザメの卵、ツユベラyg、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ

スジハナダイ、フタホシキツネベラ、ルリハタ、ハナゴイyg、ミスジスズメダイ

ワニゴチ、ノコギリヨウジなどを観察してきました。

 

一昨日、昨日と比べると深場の水温が少し上がりました。

今日から大潮で少し潮が入れ替わることを期待したいです。

saito-diving * 秋の浜 * 16:39 * comments(0) * -

今日も暑い一日でした!

秋の浜

 

気温 29℃ 水温 18〜25℃ 透明度 12〜20m 流れ なし うねり なし

 

穏やかな海況が続いています。

相変わらず水温の方は安定せず透明度も水温の低いところは良いのですが水温が

高い場所では白濁りしています。

 

今日もお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました。

 

主に観察できた生物はカンパチ、ガラスハゼ、ヤシャハゼ、ミスジスズメダイ

オシャレカクレエビ、ビシャモンエビ、スジハナダイ、マツカサウオ、

フタホシキツネベラ、クロフチススキベラyg、ハナゴイyg、メガネスズメダイ

などです。

 

左のエグジット側では婚姻色を出したナカハラタナバタウオが観察できました。

地味な色の魚ですがこの時期だけはとてもきれいな色合いの魚です。

 

今日も一日暑かったですね〜

この暑い最中に車のエアコンが故障!

昨日修理工場に診てもらうとエアコン本体の腐食部分からのガス漏れ…

部品を取り寄せて修理するとなると9月に入ってしまうそうで

どこにいてもエアコン大好きな私にとってつらい車内です。

 

移動中お客様にもご迷惑をおかけしています。

 

きっとこうして修理を待っている間に涼しい日が多くなってくるのでしょうね。

 

saito-diving * 秋の浜 * 17:56 * comments(0) * -

ようやく夏の日差しが戻ってきました!

秋の浜

 

気温 28℃ 水温 18〜24.8℃ 透明度 12〜20m 流れ あり うねり なし

 

いったい何日ぶりの日差しでしょうか?

やっと真夏の日差しが帰ってきました。

昨日朝までうねりが残った秋の浜ですが穏やかな海になりました。

 

白濁りで透明度は今一つです。

そして水温は時間帯により変化しますが水面から15mくらいまでは24℃以上ありますが

それ以深は18℃と上と下では6℃もの差があります。

 

今日はお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました。

 

婚姻色を出したオハグロベラが縄張り争いをする場面をよく見かけるようになりました。

こういう光景もこの季節ならではのものです。

 

1ダイブ目右の砂地に降りてみるとネコザメの卵が転がっていました。

考えてみるとネコザメの卵もここ数年見ていなかったような気がします。

 

正面のヤシャハゼ、ネジリンボウは水温が低いため出ているか心配でしたが

ちゃんと穴から出てきていて観察することが出来ました。

 

浅場で観察が続いているハナゴイygは見るたびに成長しているようです。

 

季節来遊魚やレアな生物はまだまだ少ないですが浅場ではキンギョハナダイ

中層には大小さまざまな大きさのイサキ、タカベと群れは最高に

大きなものが見られます。

 

明後日からは大潮周りになります。

少しは良い水が入ってくると良いのですが…

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 18:27 * comments(0) * -
このページの先頭へ