<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

久しぶりの元町出帆!

秋の浜

 

気温 8℃ 水温 15.8℃ 透明度 18m 流れ なし うねり なし

 

西側の海況がようやく穏やかになって今日は久しぶりの元町出帆

前回はいったいいつだったろう?と、首をかしげてしまうほど久しぶりです。

 

今日昨日からお越しのお客様と一緒に秋の浜を2ダイブしました。

 

水温が下がってきてから砂地ではイズカサゴをよく目にするようになりました。

よく目にするようになったというのには少々語弊があるかもしれないと思うのは

昔はあちらこちらにいるという感じでしたが、数がめっきり減ってきています。

 

同じような砂地ではカスザメも目につきます。

 

他にはキモガニ、ビシャモンエビ、キツネベラyg、アカホシカクレエビ

イロカエルアンコウyg、ベニカエルアンコウ、ガラスハゼ、クビアカハゼなどが

観察できました。

 

左側の梯子の下ではこの水温でまだカンムリベラygが頑張っていました。

 

  

saito-diving * 秋の浜 * 21:49 * comments(0) * -

水温は低いですが透明度は良好です!

秋の浜

 

気温 7℃ 水温 16℃ 透明度 18m 流れ なし うねり なし

 

穏やかに晴れた一日です。

南西からのうねりが残っていますが秋の浜は穏やかです。

全国的な寒気はここ大島でも例外ではなく例年より最高気温が2〜3℃低い日が

続いています。

 

そんな寒さの中でもお客様が潜りに来てくれました。

ありがたい限りです(⌒∇⌒)

 

先日際でアカボシハナゴイの幼魚が見られるという情報を他店から聞き

今日は見にいってみるとあまりの小ささにはじめはどこにいるのかわかりませんでしたが

教わった場所をしばらく見つめているとようやくその存在がわかりました。

 

カメラに収めようと努力しましたが、なかなか難しい被写体です。

私この魚初見です!

 

他にはガラスハゼ、クロイトハゼ、アカホシカクレエビ、クビアカハゼ、

ベニカエルアンコウ、アカシマシラヒゲエビ、スジハナダイ、クダゴンべ

などが観察できました。

 

左の梯子のそばでは久しぶりにヒョウモンダコなども観察できました。

 

明日は西からのうねり、風共に収まってくる予報です。

久しぶりの元町出帆になるかもしれませんね。

 

saito-diving * 秋の浜 * 22:15 * comments(0) * -

良い天気に恵まれました(^▽^)/

秋の浜

 

気温 8℃ 水温 15.8℃ 透明度 18〜25m 流れ なし うねり なし

 

南西の強風が吹き続けているため西側のポイントは荒れ模様ですが秋の浜は

至って穏やかです。

水温は低めですが透明度の良さが救いです。

 

今日は神奈川のショップさんのインストラクターが二軒視察にいらしてくれました。

夏のハンマー時期にツアーを、という事で1ダイブはケイカイリクエストだったのですが

イントラ3名をしてもとても立ち向かえる海況ではなく秋の浜を2ダイブしました。

 

正面のちびイロカエルアンコウは今日も観察することが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

際のクダゴンべの観察も続いています。

 

中層にはアオリイカの群れが目立つようになってきました。

あっという間に産卵期になってしまうのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

段落ちでは定位置のベニカエルアンコウも観察できました。

 

西側には入れなかったものの透明度の良い海況で視察に来ていただいたお二人も

満足していただけたようで、安心しました。

 

お客様のおひとりNさんエントリー前に陸上の写真をバシバシと取られていたのですが

「あ、カメラ間違えた〜」(笑)

三人ともTG-4を使っていたので取り違えたようです。

取り違えたのは私のカメラ

 

普段自分のカメラで海の陸上写真を撮ることはよほど荒れた時ぐらいしかないので

何だか斬新です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TG-4をご利用になられるお客様が増えてきたころいつかこういうことが起こるのだろうな〜

とは思っていましたがお客様もいろいろ工夫をしてストラップを変えたり水槽につけるときは

必ずストラップにダイコンを付けておくなどされているので意外とありませんでした。

 

ちなみに私のカメラとNさんのカメラも全く違うストラップが付いていたのになー(笑)

 

 

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:07 * comments(0) * -

おめでとう600ダイブ!!!

秋の浜

 

気温 5℃ 水温 16.2℃ 透明度 20m 流れ なし うねり なし

 

寒い日が続きます

昨日からお越しいただいている当店ヘビーリピーターのHちゃんが今日の2ダイブ目に

 

600ダイブ!!!

 

おめでとうございます

 

はじめて当店をご利用いただいたのが2010年6月…

私は既に100ダイブ以上一緒に潜っています

ダイビングを始めて9年目になられるそうですが、年間60ダイブ以上をコンスタントに

潜られているというのはすごい事ですね〜

 

次回700ダイブも大島でお祝いできると嬉しいです。

 

 

さて、水中の方は昨日同様透明度も良好で良い海です。

 

アサヒの根では久しぶりにマトウダイが観察できました。

 

昨日見つけたちっちゃなイロカエルアンコウも同じ場所で観察できています。

 

正面の砂地でヤシャハゼもほんの一瞬ですが見かけることが出来ました。

この水温でも穴の中から出てくることがあるのですね〜

 

段落ちでは600ダイブのHちゃんがちっちゃなサガミリュウグウウミウシ

見つけてくれました。

 

他にはハナミノカサゴ、アオサハギ、アミメハギ、クロイトハゼ、サンゴトラギス

クビアカハゼ、アカシマシラヒゲエビなどが観察できました。

 

大島では今日から椿祭りが始まりました。

ダイビングでお越しいただくお客様はあまりなじみがないお祭りですが

年間この祭り期間中が来島者数一番多い期間となります。

 

そしてダイバーのお客様ははこの期間一番少なくなくなります(哀)

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:55 * comments(0) * -

久しぶりに風がなく穏やかです!

秋の浜

 

気温 6℃ 水温 16.2℃ 透明度 20m 流れ あり うねり なし

 

昨日まで吹き続けた南西の強風がようやく収まり穏やかな晴れの日となりました。

気温こそ上がりませんが風がないので昨日までのように寒さを感じずに済みます。
水中の方は水温に変化はなく透明度の方は先週末に比べると上がってきているようです。

 

今日はお客様と秋の浜を2ダイブしました。

 

嬉しいニュースは正面の水深20mほどの場所でイロカエルアンコウの新個体が

見つかりました。

まだ、1僂砲睨たない大きさでカメラに収めるのも苦労する大きさですが、

このまま観察が続けられると良いですね。

 

主に観察できた生物はクロフチススキベラyg、スジハナダイ、クダゴンべ

クリアクリーナシュリンプ、ガラスハゼ、イズカサゴ、サツマカサゴ、キイロウミウシ

ニシキウミウシなどが観察できました。

 

冬のシーズン生物が少なくなってきていますが、このところのマイブームは

ヒトデを見つけるとヒトデヤドリエビを探すことです。

結構な確率で見つかりますが、いろいろとみていると個体差があり色の付き方が

違ったり大きさも様々で興味深く探しています。

 

 

 

私、今日から新しいドライスーツをデビューさせました\(^o^)/

2017年のニューモデルを昨年秋に購入して水温が下がって寒くて

どうしようもなくなったら下そうとずっと温めてきたものですがようやく

使用してみました〜

 

新しいドライを作成したのは4シーズンぶりくらいになりますが、とにかく暖かいです!

まあ、この水温ですから暖かいというのは少々オーバーとしても「冷えない!」と、

いうのは間違いありません。

 

感じるは長期に使用したドライスーツがいかに保温力がなくなってくるかという

事です。

かと言ってレジャーで潜られているお客様がまだ着られるスーツがあるのに買い替えと

いうわけにもゆかないでしょうが…

 

ちなみに寒がりな私は常に3〜4着のドライがないと心配で仕事が出来ません(笑)

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:13 * comments(0) * -

晴れ間の出ましたが気温は低いです。

秋の浜

 

気温 6℃ 水温 16度 透明度 20m 流れ あり うねり なし

 

今日は朝から晴れ間が見えて浅い場所は明るくなりました。

ただ、昨日同様気温はあまり上がることなく水中の寒さより上がってからの

寒さを感じます。

透明度昨日に比べ若干上がってきているような感じです。

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブしました。

 

水温が下がってきているというのにウミウシの種類が一向に増えてきませんが

際の始まりでスミゾメミノウミウシを見つけました。

アサヒの根の上段ではオトメウミウシも観察できています。

 

クダゴンべ、イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウなどの観察も続いています。

 

以前は一定の場所でしか観察できなかったアカシマシラヒゲエビですが

個体数は少ないもののこのところいろいろな場所で見られるようになってきました。

15年くらい前はほとんど観察することのできなかった生物なのに近年は

普通種となりつつあります。

 

他にはコクテンカタギ、キイロイボウミウシ、ベニカエルアンコウ、ナメラベラ

サンゴトラギスなども観察できました。

 

このところあまり気にして見ていなかったのですが左の梯子近くのカンムリベラyg

なんとなく気になり探してみるとまだご健在のようで動きが良くありませんが

姿を見ることが出来ました。

そろそろギリギリの環境かもしれませんね。

 

明日辺りからここ数年で最大規模といわれる寒波がやってくるそうです。

関東でも降雪の予報が出ているようで数年前大雪が思い出されます。

明後日23日はPADIのシンポジウムがあり明日から上京の予定ですが

天候が心配です。

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:36 * comments(0) * -

寒い一日です

秋の浜

 

気温 7℃ 水温 16.2℃ 透明度 15〜20m 流れ あり うねり なし

 

晴れ間のない寒い一日です。

パラオツアー帰りの体には少々堪える水温と気温です。

そんな環境の中でも元気に潜りにいらしていただけるお客様に感謝です!

今日は秋の浜を3ダイブしました。

 

10日ぶりの秋の浜でしたが、水温透明度共に大きな変化はなく例年通りの

海況で良好です。

 

生物もずっと観察が続いているグレーのイロカエルアンコウがそのままの場所で

見られたりベニカエルアンコウも定位置…

際のクダゴンべも二固体そのまま観察出来たりと浦島太郎にならずに

ファンダイビングのガイドが出来てホッとしました。

 

砂地には冬の代表魚イズカサゴが鎮座していたりムチカラマツを探すと

ビシャモンエビが見つかったり、ヒトデにはヒトデヤドリエビが付いていたりと、

小さいものを探すと結構色々と見つかり寒い寒いと言いながらついつい潜水時間も

長くなってしまいます。(笑)

 

明日も今日と同じような天候になるようです。

風が強いですが南西の風なので秋の浜は穏やかな海況になることでしょう。

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:22 * comments(0) * -

遅ればせながら…あけましておめでとうございます♪

秋の浜

 

気温 7℃ 水温 16.3〜17℃ 透明度 15〜20m 流れ なし うねり なし

 

遅いスタートですが本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

さて、潜り初めはドライスーツ購入後初ダイビングとなる島内のお客様Aさんと一緒に

秋の浜を2ダイブしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約二週間ぶりの秋の浜でしたが、際のクダゴンべは二固体見ることが出来たし

グレーのイロカエルアンコウはほぼ同じ場所を動かず

また、年末には見つけることが出来なかったオレンジ色のイロカエルアンコウ

見つけることが出来ました。

 

中層にはアオリイカの群れも見られます。

 

透明度がそこそこ良いので冷たいものの気持ちの良い水中です。


アカホシカクレエビのいるイソギンチャクのそばではアカエソキタマクラ

クリーニングの

順番待ちをしているかのようで何ともほほえましい光景が目に入りました。

 

他にはフタイロハナゴイ、ガラスハゼ、クロフチススキベラyg、ツユベラ、

カンムリベラyg、カスザメ、ビシャモンエビ、キイロウミウシ、クロイトハゼ

クビアカハゼ、アカシマシラヒゲエビなどが観察できました。

 

この冬はウミウシの出現が遅いようで、一生懸命ウデフリツノザヤウミウシなどを

探してはいるものの一向に見つかりません。

 

今週末からツアーで出かけてしまうのでまたしばらく更新が出来なくなるかと思いますが

真冬の海…結構良いもんですよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の冬休みに合わせて私と妻の実家へ行っていたため年末年始は

二週間離島していました。

妻の実家では毎年恒例となったスキーをしてきましたが、子供たちも

ずいぶん上手になってゴンドラで上がり同じようなペースで下まで降りて

来られるようになりました。

 

子供の上達というのは早いものですね〜

 

あと数年すると「お父さん疲れたから勝手に滑ってきなさーい」と、

なるのかもしれません。(笑)

saito-diving * 秋の浜 * 21:24 * comments(0) * -

またニシキフウライウオ!

秋の浜

 

気温 13℃ 水温 18℃ 透明度 25m 流れ 少し うねり なし

 

メリークリスマス!!

 

昨日同様穏やかな秋の浜です。

風も弱く久しぶりの元町出帆!

温泉へ入って乗船するのも楽です。

 

今日もお客様と秋の浜を2ダイブです。

 

1ダイブ目昨日見つけたクダゴンべを見に行こうと際を進んでゆくと先週末を最後に

見かけなくなってしまったニシキフウライウオがぁぁぁ!

よく見ると大きさが小さくどうやら♀のようです。

きっとよく探せば見かけなくなった方の♂も見つかるかもしれません。

 

ペアで漂うニシキフウライウオが見られると良いのですが長時間探し続けるには

少々深め…

誰か見つけてくれないかな〜(笑)

 

正面の黒いチンアナゴも今日は見つけることが出来ました。

近づくと引っ込んでしまうのでなかなか良い状態でカメラに収めるのは難しいです。

 

他にはスミゾメミノウミウシ、ハタタテハゼ、セジロノドグロベラyg、ワニゴチ

フタイロハナゴイ、クリアクリーナシュリンプ、フタスジリュウキュウスズメダイ

ヤリカタギ、イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウなどが観察できました。

 

今日で私は今年潜り収めとなります。

 

今年は台風で年12回大島が果たせなかったTちゃんをはじめドライスーツ初挑戦だった

Sさん、今年初めて大島で潜って二度目の来島のKさん、他の皆さんも寒い中潜り収めに来て

いただきありがとうございました!

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:39 * comments(0) * -

今年も残すところあと一週間余りですね

秋の浜

 

気温 13℃ 水温 18℃ 透明度 20m 流れ なし うねり なし

 

南西の風が続いています。

陸上はいよいよ冬本番ですが水中はまだまだ南方系が頑張っています。

 

今日は早朝着の客船のお客様から始まり秋の浜を3ダイブしました。

 

南方の代表ツユベラygをはじめメガネスズメダイ、クロメガネスズメダイ

キリンミノ、ハタタテハゼなどが観察できています。

 

透明度が安定してきてい最高とは言えないものの20m位は見えている水中は

泳いでいるだけでも気持ちの良いものです。

 

今日は風があまり強くなかったのでエグジット後もあまり寒さを感じずに

済みました。

 

際で観察を続けているクダゴンべのすぐそばでもう一個体小さめの個体を

見つけ一人大喜びしてしまいました。

 

他にはフタイロハナゴイ、クリアクリーナーシュリンプ、キイロイボウミウシ

クロフチススキベラyg、ガラスハゼ、クロイトハゼ、イロカエルアンコウ

ベニカエルアンコウ、カモハラギンポ、クビアカハゼ、アオサハギなどが

観察できました。

 

明日はクリスマスイブ…

当店は明日で海の方は仕事納めになります。

 

明後日からはたまりにたまった事務仕事や掃除、お客様名簿を整理して

年賀状の準備…

 

年越ししないように頑張ります!

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:29 * comments(0) * -
このページの先頭へ