<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

三連休最終日です

秋の浜

 

気温 17℃ 水温 16.5℃ 透明度 12〜15m 流れ なし うねり なし

 

また強めの南西の風が吹いています

昨日同様秋の浜は至って穏やかです

今日はお客様と秋の浜を3ダイブです

 

アサヒの根では昨日見つからなかったヒオドシベラが観察できました

 

カンナツノザヤウミウシは昨日のとは別個体が観察できました

 

ウデフリツノザヤウミウシも相変わらず好調です

 

イロカエルアンコウygは2固体観察できました

 

正面ではネコザメygを発見!

このサイズあまり見たことのサイズでちょっとびっくりです

お客様が比較対象用にライトを置いてくれました

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:50 * comments(0) * -

今日も静かな秋の浜です

秋の浜

 

気温 16℃ 水温 16.5℃ 透明度 12〜15m 流れ なし うねり なし

 

風は南西で秋の浜は穏やかです

良く晴れてダイビング日和となりました

 

今日もお客様と秋の浜を3ダイブです

 

昨日見つけることのできなかった正面のイロカエルアンコウは今日は

あっさり見つけることが出来ました

昨日見たのと同様極小サイズの白でなかなか目に入りにくい個体です

何枚かシャッターを切りましたがあまりの小ささにアップできるものが

一枚もありません(悲)

 

アサヒの根ではクダゴンべも見られました

 

段落ちのフリソデエビはかな観察しずらい環境でしたが存在だけは確認できました

 

ウデフリツノザヤウミウシは毎ダイブのように観察できます

 

他にはスケロクウミタケハゼ ウイランイボウミウシ キャラメルウミウシ

クロフチススキベラyg マツカサウオ ケラマハナダイ クロイトハゼなどが

観察できました

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:27 * comments(0) * -

南西の強風です

秋の浜

 

気温 17℃ 水温 16.5℃ 透明度 12〜15m 流れ なし うねり なし

 

昨夜から南西の風が強く吹いています

風は夕方には収まってきましたが西側は大荒れです

ジェットフォイルが就航するか心配しましたが全便就航しました

 

今日はお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブです

 

このところ透明度が今一つのようで今日も少々濁り気味の水です

 

右の砂地では3僂鯆兇┐訛腓なカンナツノザヤウミウシが見つかりました

ウデフリに比べると希少なウミウシです

 

もちろんウデフリツノザヤウミウシも2固体観察できました

 

他店のオーナーに現在観察できている三か所のイロカエルアンコウの場所を

教えてもらいましたが見つかったのは一個体のみ

白地に黄色っぽい斑点のある珍しいタイプです

 

ただ、非常に小さくまた、見つけた時の体勢が悪くなかなかうまくカメラに

収まってくれませんでした

 

際ではこんな時期にまだハタタテハゼが観察できてびっくりです

 

浅場ではウスバハギの個体数がまた多くなっていていたるところで見られるように

なってきています

またなんで今年に限ってこんなに多く見られるのかが不思議です

 

明日は風も少し収まって今日より快適に潜れるようになりそうです

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 19:24 * comments(0) * -

イワシの群れはどこに…

秋の浜

 

気温 12℃ 水温 17.5℃ 透明度 15m 流れ なし うねり なし

 

海況に大きな変化はありません

今日はお客様をお迎えして秋の浜を2ダイブしました

 

1ダイブ目泳ぎ始めるとユウレイクラゲを発見!

ずいぶん昔に秋の浜で見たっきり見たことがありませんでした

触手のの中に花びら魚でもいないかな?と、見ましたが付いていないようでした

 

正面では一個体のみのツバメウオが見られました

 

際のオオモンカエルアンコウも健在ですが真っ黒な個体なので相変わらず

良い写真が撮れません

 

他にはアオウミガメ ハタタテハゼ フリソデエビ ウスバハギ ケラマハナダイ

などが観察できました

 

どういうわけか今日はイワシの群れどころか一匹も目にしませんでした

群れ全体で移動しているからなのでしょうがもうどこか遠くに

移動してしまったのかもしれません

 

残念です!

 

saito-diving * 秋の浜 * 21:41 * comments(0) * -

今日も最高のサーディンラン!

秋の浜

 

気温 14℃ 水温 16.4℃ 透明度 15m 流れ 強い うねり なし

 

昨日は8時台の1ダイブ目でたくさんの群れが見られましたが今日は1ダイブ目より

10時台の2ダイブ目で群れていました

不思議なことに1ダイブ目では一匹も見ることが出来なかったのに2ダイブ目には

秋の浜を埋め尽くすのではないかという大きな群れに出会い驚きました

大潮周りで流れが強く時々岩に掴まりながらのダイビングです

 

しかしすごい群れです

 

もう三週間ほど続いているでしょうか?

群れているときには水底は真っ暗になり群れが一斉に方向を変えたり川の流れのように

同じ方向を向いて泳いでいたり輪のような形を作ったりと何度眺めていても飽きません

 

1ダイブ目のアサヒの根ではこのところの定番ヒオドシベラ観察できました

また、同時刻にエントリーした店のオーナーがクマドリカエルアンコウを見つけて

教えてくれました(^▽^)/

このクマドリ12月にアサヒの根で見つけた個体と同じような大きさでずっとこの辺りに

居たようです

 

段落ちの真っ黒なオオモンカエルアンコウも観察が続いていますが何度写真を撮っても

真っ黒につぶれてしまいます

 

段落ちのフリソデエビも三個体確認できました

 

浅場のナンヨウハギやツノダシ カンムリベラygなどの季節来遊魚たちもまだまだ頑張って

くれています

 

このマイワシフィーバーいつまで続いてくれるでしょうか?

 

 

 

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 18:33 * comments(0) * -

今日も穏やかな秋の浜ですが…

秋の浜

気温 15℃ 水温 16.6℃ 透明度 15m 流れ 強い うねり なし

 

二日間南西の風が吹き続いたせいか水温が下がり傾向です

透明度はあともう少し良ければ〜と、いう感じの15m程度でしたが

今日は午前中の2ダイブは流れがとても強く2ダイブとも目的地までたどり着く

ことが出来ないほどでした

 

そんな海況でも今日もイワシの群れは強烈!!!

凄いとしか言いようのない群れです

群れの始まりはまるで壁

欲を言えば申し越し透明度が…

 

流れが強くとても近づくことが出来ませんでしたが深場では久しぶりに

ヒメクサアジが観察できました

過去秋の浜で見た個体の中ではとても大きな個体です

 

際のオオモンカエルアンコウも観察が続いています

 

昨日お客様に見つけてもらったクマドリカエルアンコウはあっけなく

居場所を変えてしまいました

 

右浅場のナンヨウハギもまだまだ頑張ってくれています

 

他にはウデフリツノザヤウミウシ サンゴトラギス ニラミギンポ セミホウボウ

ソメワケヤッコ ナメラヤッコなどが観察できました

 

明日もイワシの群れ見られるかなぁ〜

 

saito-diving * 秋の浜 * 18:41 * comments(0) * -

おかえりクマドリカエルアンコウ♥

秋の浜

 

気温 15℃ 水温 17℃ 透明度 15m 流れ あり うねり なし

 

昨夜は風の音がうるさくて寝付きにくいくらいでした

南西の強風は終日吹き続いて夕方になってようやく収まってきました

西側は大荒れですが秋の浜は穏やかな海です

 

例年冬シーズンはこの南西の強風が吹き続けるのが定番で今シーズンのように

北東の強風の日の方が多いというのが異常です

 

1ダイブ目はアサヒの根に向かいましたが流れが強いのと、ちょうど根の始まりから

イワシの群れが始まり下は暗くなっていました

 

根の始まりではアジアコショウダイygが観察できました

こんなところで生きていたんですね

 

近くでは結構大きなサイズのタキベラが見られました

 

このところアサヒの根では定番化しているヒオドシベラygも見つけることが出来ました

 

3ダイブ目水深6〜7mのところを沖に向かって進んでいるとヘビーリピーター

Tちゃんが後ろから手招きをしています

指差すところをみると何だかわからず少し下がって目を離してみてみるとなんと!

 

クマドリカエルアンコウ!!!

 

しかも段落ちで発見され砂地で見つかり広範囲で移動をしている固体と同じ個体の様子

さすがTちゃん!

ありがとうございます

 

左梯子付近ではツマジロオコゼが観察できています

生憎こういうのが見つかった時に限ってカメラの調子が悪くなります(笑)

 

他にはケラマハナダイ クロフチススキベラyg フリエイボウミウシ 

ウデフリツノザヤウミウシ フリソデエビ オオモンカエルアンコウなどが観察できました

 

明日には風も静かになって西側も潜水可能になるかもしれないですね〜

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 18:03 * comments(0) * -

三連休初日今日もサーディンラン!!!

秋の浜

 

気温 17℃ 水温 17.5℃ 透明度 15m 流れ あり うねり なし

 

雨予報は出ているものの日中は降られることなく過ごすことが出来ました

春一番のニュースが流れている通り大島でも南から南西の強風が吹き荒れました

西側の海は大荒れ!秋の浜はほぼ凪状態です

 

お客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

1ダイブ目は恒例となっているサーディンラン!

今日もどこからどこまでが群れなのかわからないほど大きな群れに囲まれて

暗い水中が体験できました

この現象は島中で見られるようでダイビングポイント以外のいろいろな場所で

鳥山が出来ていたりします

 

イワシの群れの周りにはイサキの群れがいましたがなぜかツバメウオの成魚が

一個体混ざっていました(笑)

 

段落ちのフリソデエビはアカヒトデ効果で撮影しやすいところに出てきてくれています

写真は一個体だけですが同じ穴で三個体見ることが出来ます

 

際では他店インストラクターにオオモンカエルアンコウを教えてもらいました

居場所だけは聞いていたのですがなかなか見つけることが出来なかったので

指をさして教えてもらっちゃいました

 

カメラに収めるもののご覧の通り真っ黒な個体…何だかわかっていただけますか?

 

残念なことにここ数日愛機TG-4の調子が悪く困りものです

突然電源が入らなくなることがあり

その後はうんともすんとも…

一度バッテリーを取り出して再起動させると動き出します

 

そろそろ寿命かな〜

 

久しぶりに左の砂地に行くと右の砂地で見られなくなったと思っていたササハゼを

観察することが出来ました

 

明日も風は南西で日中は強く吹くようです

何より秋の浜が穏やかなのが良いですね

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 19:20 * comments(0) * -

まずまずの海況です

秋の浜

 

気温 14℃ 水温 17.5℃ 透明度 15〜20m 流れ なし うねり なし

 

風は北東ですがほとんどなく出帆港は久しぶりの元町港

水温は少し下がっていますが17℃台で安定しています

透明度も良好です

 

今日はお客様をお迎えして秋の浜を3ダイブしました

 

先週の秋の浜を埋め尽くすようなイワシの群れは移動してしまったのか

見ることが出来ませんでした

代わりに際の死骸が沢山落ちていた場所には背骨だけになった

残骸が沢山落ちています

他の生物に食べられたりしてしまったのでしょうが海の中の浄化作用というのは

すごいものです

 

際ではニシキウミウシに吸い付いているキイボキヌハダウミウシその下には

ウデフリツノザヤウミウシが観察できました

ワンショットで三種類のウミウシ…贅沢ですね

 

正面では久しぶりにインターネットウミウシも観察できます

 

これまた珍しい30僂らいの大きさのミカドウミウシも見られます

 

段落ちのフリソデエビも定位置で観察することが出来ています

 

他にはキイロイボウミウシ セナキルリスズメダイ マツカサウオ カモハラギンポ

コマチコシオリエビ ガラスハゼ クロイトハゼ ウスバハギ ハナミドリガイ

テンスyg ビシャモンエビ クビアカハゼなどが観察できました

 

右浅場のナンヨウハギが気になり見に行ってみるとまだサンゴの隙間で

頑張ってくれていました

今年は新記録達成なるかな?

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 17:27 * comments(0) * -

サーディンラン!

秋の浜

 

気温 10℃ 水温 18℃ 透明度 15〜20m 流れ あり うねり なし

 

昨日のうねりはすっかりおさまり穏やかな秋の浜になりました

南西の風なので西側が荒れ模様になっています

今日も朝からお客様と秋の浜を3ダイブしました

 

1ダイブ目はアサヒの根に向かいました

10m前後の水深を進んで次第に深度を下てゆくと遠くにイワシの群れが見えます

その群れの濃さで群れの下はまるで夜のように暗くなっています

 

群れの下に入るとライトなしでは何も見えないくらい真っ暗で驚きました

 

死骸やうろこは浅場でも見られているので広範囲を移動しているようです

もう少し近づけると良いのですがなかなかこれだけの魚の群れを見ることは

海外でのダイビングでも無いかもしれません

 

2.3ダイブ目では際の壁の岩の間に頭を突っ込んだまま死んでいるイワシが

たくさん見られました

おそらく他の大型生物に追い回されて逃げ場を失った魚が岩に激突して

死んでしまったのだと思われますが生まれて初めて見る光景です

 

この群れいつまで観察できるかなぁ〜

 

 

saito-diving * 秋の浜 * 20:59 * comments(0) * -
このページの先頭へ