<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ホントにサヨナラ かめりあ丸

昨日上京の予定があり午後のジェットフォイルで竹芝にゆくと8日に最後の航海を終えたかめりあ丸が竹芝に停泊していて

18時に竹芝を離れて回航の途に就くとのことでホントに最後の姿を見ることができました。



8日大島を出てゆくところです。






私もちょっとお手伝い













こんなにたくさんのテープを見るのは初めてです。












大島をあとにしてゆきました。









10日は竹芝を離れる予定の30分以上前から結構大勢の人が最後の姿をカメラに収めようと集まってきました。




最後のドラの音と汽笛とともに旅立ってゆきました。
















28年間伊豆七島航路を走り続けたかめりあ丸ですが私が初めてこの船に乗ったのも就航直後の事だったと思います。

その後ダイビングを始めて大島に通うようになり

大島に移住する前の約二年間はサラリーマンをしながら毎週金曜日の仕事を終えると、まだデスクに残る同僚を横目で見て、
地下鉄に乗って竹芝に急ぎ乗船するとシャワールームに駆け込み100円シャワーを浴びてさっぱりした後はデッキで缶ビールを片手に東京湾の夜景を楽しんだものです。

仕事が遅くなりタッチの差で出港に間に合わずに竹芝から大黒埠頭までタクシーを飛ばしたこともありました。


こちらに移住してからはあまり乗らなくなりましたが、いったい何回くらい乗船したのか私自身もわかりません。

最後の姿を見送りながら

考えてみると大島を出てゆくかめりあ丸を見送ることはそれこそ数え切れないくらいありましたが、竹芝を出てゆく姿を見送るのはこれが初めてなことに気がつきました。






















竹芝をあとにしてゆきました。
最後の大島を出てゆく時と同じように橘丸がその姿を見守っています。




お疲れさまでした
ありがとう

サヨナラ



 
saito-diving * 大島 その他 * 20:58 * comments(0) * -
このページの先頭へ