<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

少しづつ海況が良くなってきているようです。

野田浜 ケイカイ 王の浜

気温 28℃  水温 23.5〜27℃  透明度 12〜20m  流れ 非常に強い(ケイカイ)
うねり なし

昨日から西側の海況が良くなってきていたので、今日は西側3ポイントを順番に入りました。

ケイカイは久しぶりの激流で吐いたエアーが真横どころか下向きに流れて渦を巻きさすがに私も岩につかまりながらでないと前に進めないほどの流れがあります。
これだけ流れていれば・・・と、大物を期待しましたが残念な結果となりました。

王の浜でも流れは強く根につかまりながらの移動となります。
湾内ではナンヨウツバメウオ、コウワンテグリ、トゲチョウチョウウオ、シマハギ、婚姻色のヨゴレヘビギンポのどが観察出来ました。

野田浜も魚がずいぶんと増えてきてにぎやかな水中になってきました。
中でもスカシテンジクダイの群れはだんだんと大きくなってきて塊になって動く姿は見ごたえがあります。

アカハチハゼ、モンツキハギyg、カンムリベラyg、トカラベラyg、ニラミギンポ、キャラメルウミウシ、ノコギリヨウジなどが観察出来ました。

情報によると今日の午後から秋の浜も水温透明度ともにかなり良くなってきたそうです。
この海況が長続きしてくれると良いですね。  
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 22:04 * comments(0) * -

一日中の雨降りです。

野田浜 ケイカイ 王の浜

気温 23℃  水温 22〜23℃  透明度 7〜10m  流れ あり(王の浜) うねり あり

今日は朝から止む間もなく雨が降り続きました。
初大島のお客さまと一緒に明日あたりから西側に台風のうねりが入るのではという予想のもと西側のポイントを3ダイブしました。

野田浜ではますます生物が少なくなった感じで、ミツボシクロスズメダイ、ニシキウミウシ、コガネキュウセンyg、マツカサウオyg、等を見てきました。

午後からの王の浜はゆったりとしたサイクルの長い台風特有のうねりが入ってきています。
かろうじて潜水可能な様子でエントリーしてみるとすでに水底までうねりは回っています。
まだまだ遠い台風なのに勢力が強いせいかびっくりです。

3ダイブ目のケイカイは王の浜に比べると弱いもののうねりを感じます。

−18mの砂地の奥ではクエが見られましたが、透明度が非常に悪くナイトダイビングのようでじっくりと観察することは出来ませんでした。

他にはメガネスズメダイyg、ミアミラウミウシ、イサキメジナの群れ、キイロウミウシなどが見られました。

この様子では明日あたりには西側のポイントは潜水不可になってしまうかもしれません。
頼みの綱の秋の浜は予報では北東の風で、全ポイントクローズにならないことを祈るばかりです。

saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 23:00 * comments(0) * -

透明度水温ともにいまひとつです。

ケイカイ 野田浜 秋の浜
気温 27℃  水温 22〜23℃  透明度 10m  流れ なし  うねり あり(秋の浜)

好天に恵まれた一日でしたが、相変わらずの北東の風で午前中を中心に秋の浜はうねりが強く午後になっていくらか穏やかになってきました。

今日はケイカイと野田浜に1ダイブづつ、秋の浜に2ダイブしました。

ケイカイは流れはありませんでしたがエントリー付近はうねりがあり出だしがひと苦労です。

これと言って変わった生物との出合いはありませんでしたがホソウミヤッコ、オルトマンワラエビ、ホウライヒメジ、テングダイなどが観察できました。

野田浜ではミナミハコフグyg、コイボウミウシ、ニシキウミウシ、イサキの群れ、キンメモドキの群れ、ミツボシクロスズメダイ、マツカサウオyg、サキシマミノウミウシなどが観察できました。

秋の浜では人気のニシキフウライウオ、アカホシカクレエビ、コクテンカタギyg、ジョーフィッシュ、アカオビコテグリ、ガラスハゼ、スミツキベラyg、トウシマコケギンポなどを見てきました。

台風12号は次第に勢力を強めながら日本に近づいてくるようです。
今のところ週明け9日頃が最接近の予報ですが、海に入れない日がないことを祈ります。
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 23:43 * comments(0) * -

今日は西側です!

野田浜 ケイカイ 王の浜
気温 23℃  水温 20〜21℃  透明度 10〜15m  流れ 強い(王の浜)  うねり なし
GWのピークとなる本日は混雑の予想される秋の浜を避けて西側のポイントを3ダイブしました。
秋の浜の大混雑をよそに西側のポイントはどこもガラガラ貸し切り状態で、とても快適です。
朝一番の野田浜の透明度が一番よく時間を追うごとに悪くなってきました。

驚いたことに王の浜では水温が21℃もありまさに黒潮に当たっている感じでしたが、流れが非常に強く驚きました。

主に観察した生物は
野田浜ではヒトエガイ、サクラミノウミウシ、ニシキウミウシ、ヒメギンポの婚姻色、ハナミノカサゴ、ユビノウハナガサウミウシなどです。

ケイカイではニシキウミウシ、ヘビギンポの婚姻色、スミゾメミミノミウシ、テングダイなどが見られました。

王の浜ではイシガキフグ、アカマツカサ、カイエビス、テングダイ、ムカデミノウミウシ等が観察できました。
エグジット直前の浅場では貴重なミスガイの産卵シーンが観察できました。

晴天続きの良い連休が続いています。
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 23:19 * comments(0) * -

せっかくの週末ですが...

野田浜 ケイカイ 王の浜
気温 21℃  水温 24℃  透明度 10〜13m  流れ なし  うねり あり

昨夜から北東の強風が吹き荒れて秋の浜は荒れ模様となりました。
朝から日中何度か海況を確認に行きましたが、残念ながら秋の浜は潜水可能な状態にはなりませんでした。

王の浜はだいぶ魚が少なくなってきてしまいました。
エントリー直後のアオリイカの群れ、ブチススキベラ、ホウライヒメジ、アカマツカサ、マツカサウオ、テングダイ、カモハラギンポ、などを観察してきました。

野田浜は午前と午後の2ダイブしました。
トゲチョウチョウウオyg、オトヒメエビ、マルクチヒメジyg、イサキの群れを追うヒラマサ、コロダイyg、ホソウミヤッコ、サキシマミノウミウシ、ミナミハコフグyg、コウワンテグリ、ツノハタタテダイyg、などが観察できました。

ケイカイは多くのダイバーで普段に無いにぎわいを見せていました。
オオモンカエルアンコウは今日も観察することができました。
カミソリウオもペアで見ることができました。

明日も北東の強風の予報です。
せめてどこかしら潜水可能な状態であってほしいです。
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 22:45 * comments(0) * -

ケイカイにイロカエルアンコウ登場!

野田浜 ケイカイ 王の浜
気温 23℃  水温 21〜24℃  透明度 10〜12m  流れ なし  うねり 強い

停滞する低気圧の影響で北東の風が強く秋の浜は大うねりとなりました。
1ダイブ目は比較的うねりの少ない王の浜の潜りました。

透明度は10mほどで水温も低い所では21℃位です。
シマハギ、オヤビッチャ、ホウライヒメジ、コロダイ、コロダイyg、アカマツカサ、テングダイ、ゴイシウミヘビなどを観察しました。

2ダイブ目は野田浜ですがこちらはうねりが強くアーチの先まで行ってやっと少しうねりがおさまってくるようでした。
ハナミノカサゴ、イサキの群れ、コガネキュウセンyg、タキベラyg、アオヤガラ、などを観察してきました。

3ダイブ目ケイカイではなんとイロカエルアンコウが観察できました。
秋の浜でも今シーズンは数が少なく貴重な存在ですが、「えっこんなところに?」と言うような場所で偶然に見つけました。
今日は朝から天候も思わしくなくうねりの多い海でしたがこの発見ですべて報われた感じがしました。
他にはフタスジタマガシラyg、コブダイyg、クギベラyg、ムスメハギ等を観察してきました。
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 23:38 * comments(0) * -

今日は久しぶり好天、久しぶりのの西側です。

野田浜 ケイカイ 王の浜
気温 20℃  水温 14.9〜15.7℃  透明度 7〜15m  流れ なし うねり なし

タイトルの通り朝から素晴らしい天気です。
このところ日照時間が少なかったせいもあり、ありがたい恵みの太陽です。

西側の海は水温が低めの割には透明度が良くなくいよいよ春濁りの始まりを予想させます。
いたるところで生まれたてのようなプランクトンたちが雲海のような濁りを作っています。

ケイカイではアミメハギ、アカハタ、ハリセンボン、婚姻色のヒメギンポ、テングダイなどが観察できました。

野田浜では残念ながらこれといった変わった生物も見つからずただただ日の光が差し込む明るい水中をのんびりと回ってきました。

王の浜ではマツカサウオ、アカマツカサ、テングダイ、コロダイ、イシガキフグ、ミナミハタンポygの群れ、などを観察してきました。

saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 22:19 * comments(0) * -

野田浜 ケイカイ 王の浜

野田浜 ケイカイ 王の浜
気温 27℃  水温 24〜25℃  透明度 15m  流れ うねり なし

昨日とは打って変わって良い凪の一日となりました。
朝はあいにくの雨降りでしたが、だんだん太陽も登り気温も上がって快適です。

今日は西側の3ポイントを潜りました。

野田浜ではブチススキベラyg、スミツキべラyg、ツユべラyg、ホシテンスyg、ニラミギンポなど季節来遊魚が多くなりにぎやかです。

他にはアオブダイ、フエヤッコダイ、コロダイ、アカヒメジの群れ、ヌノサラシ、カゴカキダイなども観察できました。

ケイカイでは特に流れもなくのんびりと地形を楽しみながらのダイビングです。ブチススキベラyg、クマノミの卵、コガネキュウセンyg、スケロクウミタケハゼ、サキシマミノウミウシ、アオサハギyg、オルトマンワラエビなどを観察してきました。

王の浜ではイサキ、アジ、ムツ、アカカマスなどの群れがにぎやかです。
どれも食べるとおいしい魚ばかりで並んで群れていると魚屋のようです。

他にはハタタテダイ、マツカサウオ、アカマツカサ、ハシナガウバウオ、テングダイなどを観察してきました。
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 王の浜 * 23:51 * comments(0) * -
このページの先頭へ