<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

残念な早朝・・・

野田浜 ケイカイ 秋の浜

 

気温 28℃ 水温 19〜23℃ 透明度 12m 流れ なし うねり 少し

 

昼頃からの雨は終日降り続き夜になってもやむことはありませんでした。

久しぶりのまとまった雨です。

芝生や植木に水をあげる手間が省けるのは良いですが、お客様にとっては夏空が

恋しい一日だったことでしょう。

 

今日は早朝のケイカイに始まり秋の浜を2ダイブ野田浜を1ダイブしました。

 

早朝のケイカイはまだうす暗いうちにエントリーしたにもかかわらず流れが

ほとんどないうえ透明度も悪く私は一匹も見ることができませんでした。

 

秋の浜ではアカホシカクレエビ、イシガキフグ、ガラスハゼ、ミスジスズメダイ

ヤシャハゼ、ナヌカザメノ卵、ハナゴイyg、ムラサキウミコチョウ、トウシマコケギンポ

ベニカエルアンコウ、ヨメゴチ、スジハナダイ、ケラマハナダイ、キツネダイ

などが観察できました。

 

野田浜ではシロハナガサウミウシ、コモンウミウシ、ノコギリヨウジ

カスザメ、マツカサウオygadなどが観察できました。

 

秋の浜でうねりを感じるのは台風5号のせいなのか?

何だかピンと来ない進路予報で今後の影響が心配です。

saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 20:10 * comments(0) * -

真夏の日差しです!

ケイカイ 野田浜 秋の浜

 

気温 28℃ 水温 20〜22.5℃ 透明度 10〜15m 流れ あり(ケイカイ)

 

梅雨明けはまだですが、陸上はいよいよ夏本番の日差しが照り付けました。

秋の浜の水温は上がったり下がったりを繰り返していますが、西側は22〜23℃まで

上がってきています。

 

1ダイブ目は早朝の便で到着したお客様とケイカイです。

ハンマーの時間には少々遅い時間でしたが、初めての大島ということもあり

入ってみましたが、逆潮に流れる流れは結構きつく時々岩につかまりながら進みました。

 

流れはあるもののこれといった珍しい魚も見られずメジナ、イサキ、ホウライヒメジ

キンギョハナダイなどの群れを眺めながら回ってきました。

 

2ダイブ目はジェットフォイルで到着の客様も合流して野田浜です。

こちらも生物は少なくシロハナガサウミウシが数個体観察できました。

このところ定番のように野田浜で見られるウミウシですが、私は秋の浜では未観察生物で

同じ島内でも生物の生息域が違うというのは面白いものです。

 

3ダイブ目は当然のように秋の浜です。

どこのポイントも先週末などに比べると透明度が落ちてきています。

水温が上がったせいかとも思われますが、早く回復すると良いです。

ガラスハゼ、婚姻色のイトヒキベラ、ジョーフィッシュ、ヤシャハゼ

アカホシカクレエビ、ベニカエルアンコウ、トウシマコケギンポなどを

観察してきました。

 

明日も暑くなりそうです。

そうそう私、今日ウエットデビューしました!

六月からOWD講習時などに数回ウエットを着ることがありましたが

本格的にファンダイビングでウエットを着用したのは今日が今年初です(笑)

 

お客様はドライからウエットに着替えると「やっぱり動きが楽だわー」とか

「潜っているって感じがする」とかのお話が聞かれますが、私はただただ・・・・・

 

 

 

体が濡れるのが嫌だー!

 

 

水着になるのが面倒くさいー!

 

 

海から上がってシャワーを浴びて体を拭かないと服が着られないのが嫌だー!

 

 

早くドライが着られる気温にならないかな〜💦💦💦

 

saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 21:54 * comments(0) * -

久しぶりに西側にも入りました。

野田浜 ケイカイ 秋の浜

気温 19℃  水温 16.8〜17.4℃  透明度 12〜20m  流れ あり(野田浜 ケイカイ)
うねり なし

今日は久しぶりに西側にも入ってみました。
午前中はちょうど干潮でエントリーには少々苦労しました。
野田浜もケイカイも流れがありケイカイでは砂地の奥まで行くのはあきらめ手前でUターンしないと
心配なくらいです。

野田浜では久しぶりにモヨウモンガラドオシが見られました。
ウミヘビの仲間ですが、南方系の為あまり目にすることがありませんが、野田浜で見るのは
初めてかもしれません。

アーチ付近ではテングダイも観察できました。
こちらはその昔は野田浜といえばテングダイという感じで良くみられた魚ですが
ここ数年はあまり目にすることが無くなった魚です。

秋の浜ではキツネダイ、アオリイカ、カガミチョウチョウウオ、アマミスズメダイyg
ベニカエルアンコウ、ワニゴチ、ジョーフィッシュ、イボイソバナガニ、ガラスハゼ

などが観察できました。

平日のせいか海はとても空いていて野田浜を潜っていたのは他に誰もいなく
ケイカイでは島内のお店が一軒だけ...
秋の浜もガラガラでした。

超大型連休と騒がれた今年のGWですが意外と10連休が取れる方というのは
少ないのかもしれませんね。



 
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 21:47 * comments(0) * -

今日は南西の風です。

ケイカイ 野田浜 秋の浜

気温 27℃  水温 23〜26℃  透明度 15m  流れ あり(ケイカイ)
うねり あり

昨日までのうねりはおまってきましたが、今日は南西の風になり西側のポイントは
風波がありましたが、この週末初大島のお客様が多く西側のポイントにも…と、
いうことで今日はケイカイと野田浜にも入ってみました。

ケイカイではお客様がアオウミガメを見つけました。
私は当目にしか見えませんでしたが、全員が見ることができず残念です。
沖に出ると少し流れがありましたが、強い流れではなく快適に潜ることができました。

全体的に生物は少なくイサキの群れなどもまだまだ小さいです。

野田浜ではミナミハコフグyg、トカラベラyg、ヨスジフエダイyg、ヨコシマクロダイygなど
季節來遊漁が結構見られました。
印象的だったのはイソギンチャクにまだ1僂砲睨たないミツボシクロスズメダイyg
たくさん群れていて、なぜか頭の中には「メダカの学校」が流れていました。(笑)
これからの成長が楽しみです。

秋の浜は昨日までのうねりも収まって穏やかな海になりました。
カミソリウオもまだまだ観察できます。

明日は北東の風が強くなる予報です。
秋の浜には入れなくなるかもしれません。
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 20:51 * comments(0) * -

水温は上がってきていますが…

ケイカイ 秋の浜 野田浜

気温 30℃  水温 21.3〜26℃  透明度 7〜15m  流れ 非常に強い(ケイカイ)
うねり なし

暑い日が続いています。
今年はここ大島も例年の夏より暑くなっているようで、会う人会う人皆口をそろえて
「今年の夏はバカに暑いねぇ〜」と、言います。

今日もお客様をお迎えしてケイカイ、野田浜、秋の浜の3ダイブをしました。

朝8時台エントリーのケイカイは水面を見ていてもわかる位の激流です。
水深5mほどのところからすでに流れ始めてこれ以上沖に出るとまずいと判断したところまで
泳いで根につかまっているしかありませんでした。
時間帯が遅かったのでハンマーは見られませんでしたが、アオウミガメマグロを見ることが
できました。

しばらく観察した後いざ帰ろうと思うとこれがまた逆潮でしっかり岩をつかみながら進まないと
フィンキックだけでは前に進みません。

さすがにエグジット後は私も「疲れたぁ〜」と、言ってしまいました。
しかし大潮とは言えあんな激流になるなんて…

秋の浜、野田浜は透明度が今一つ…
おまけに野田浜も強い流れがありました。

秋の浜は浅場の水温は24℃くらいありますが、深場に落ちると21℃くらいになってしまいます。
おまけに透明度は上から下まで10mを切っていて残念な感じです。

朝のケイカイはそこそこの透明度だったのに流れてくる潮があまりきれいな水ではないのか
全体的に透明度が良くありません。

そういえばまた台風が発生しました。
7月中に13号までの台風が発生するのは26年ぶりとのこと今シーズンはホントに台風に悩まされる
シーズンになりそうです。

 
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 22:30 * comments(0) * -

お天気、水面状況は良くありませんが水中は最高です!

秋の浜 ケイカイ 野田浜

気温 26℃  水温 25.8〜26.8℃  透明度 15〜25m  流れ 少し(ケイカイ 野田浜)  うねり 強い(秋の浜)

予報通りの北東の風
早朝秋の浜を見にゆくと何とかぎりぎり潜水可能な様子です。
正午頃には北東の風がさらに強くなる予報だったのでなるべく早めにエントリーしました。

入ってみてびっくりの25.8℃しかも水深25mを過ぎても下がることがありません。
浅場はうねりの影響で砂が巻き上がり白っぽい濁りがありませが、深場では25m位の透明度がありうねりも
全く感じなくなります。

一週間前はあんなに寒い寒い言いながら潜っていたのに…
まるで一気に水が入れ替わったようです。

2ダイブ目からは西側になりましたがケイカイ、野田浜ともに27℃近い水温がありました。
主に観察した生物はイサキの群れ、ホウライヒメジ、キャラメルウミウシ、アマミスズメダイyg、キイロウミウシ
サキシマミノウミウシ、アオブダイ
などが観察出来ました。

水温が上がってきた大島の海潜るなら今ですよー
 
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 20:59 * comments(0) * -

ウエットデビュー!

野田浜 ケイカイ 秋の浜

気温 28℃  水温 17.5〜22.5℃  透明度 7〜20m  流れ 少し(ケイカイ)  うねり なし

朝から夏の日差しが照りつけて水温に大きな変化はありませんがさすがにドライでは汗だくになってしまうという理由で
ようやく私も衣替えしました。
七月のこんな後半まで一度もウエットを着ずに過ごしたことは過去なかったかもしれません。

今日は野田浜、秋の浜、ケイカイを1ダイブづつ潜りました。

野田浜では相変わらず全体的に生物は少なめですが、アーチの中のイサキの群れだけはぐっちゃり群れています。
透明度もそこそこで20m位は見えています。

秋の浜は浅場と深場で二層化していて深場はまあまあですが、浅場は透明度が7mほどのところもありあまりよくありません。
主に観察した生物はアカシマシラヒゲエビ、イソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビ、クダゴンベ、ニシキウミウシ、
ツユベラyg、ブチススキベラyg、ムツの群れ、キイロウミウシ
などが観察出来ました。

3ダイブ目のケイカイも透明度が今ひとつです。
水温は22℃位あるのですが朝の野田浜程度の透明度を期待していましたが、時間帯によって悪くなるようです。
流れも少し感じる程度でー18の砂地の奥まで回ってくることができました。
 
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 20:58 * comments(0) * -

海況が良くありません

秋の浜 野田浜 ケイカイ

予報通りの朝からの雨降りの上北東の風が強く秋の浜はうねりが強くなってしまいました。
西側のポイントもうねりが回っていて良い海況ではありません。

お客様が上級者なので今日は秋の浜、野田浜、ケイカイの三ポイントを潜りました。

秋の浜は浅場のうねりは強くエントリーエグジツト近くはサラシで前が見えなくなることもあります。
深場にゆくと浅場のうねりが嘘のように静かになります。

主に観察した生物はクダゴンベ、ハリセンボン、コマチコシオリエビ、ウデフリツノザヤウミウシなどが見られました。

その後のケイカイ、野田浜ではこれと言った生物を見つけることもなく少しうねり気味の海をのんびりと泳いできました。
saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 22:33 * comments(0) * -

今日は早朝ハンマーです。

ケイカイ 野田浜 秋の浜

気温 28℃  水温 21〜26℃  透明度 15〜20m  流れ あり(ケイカイ)  うねり なし

まだ暗いうちに早朝ハンマーのために前泊されているお客さまをお迎えにゆきポイントに着いたのは5時30分

まだまっ暗です・・・

雨模様のせいか明るくなるのも遅いようで少し明るくなるのを待ってエントリーしました。

今日は手前の方では見られず少し沖に出たところで根につかまり待ち構えました。
先日よりさらに数が少なくなってきてはいますが、何とか10個体ほどのハンマーを見ることができました。

潮の流れが弱くなってきているので数が少なくなってきているのでしょうか?
ちょっと残念です。

2ダイブ目は野田浜に潜りました。
アーチの中はイサキの群れで賑わっています。

アーチの根の上ではニシキベラの産卵行動が始まっていて、ニシキベラの放精を食べようとするメジナもたくさん集まっていました。

3、4ダイブ目の秋の浜ではこのところの定番ニセボロカサゴの観察が続いています。

正面のネジリンボウも元気よくホバリングしているところが観察出来ました。

他にはアマミスズメダイ、キツネベラyg、アカホシカクレエビ、スジハナダイ、フタイロハナゴイ、マツカサウオ、ハナミノカサゴ、ニラミギンポ、コブダイyg、トウシマコケギンポ、タナバタウオ、ムカデミノウミウシの幼体などが観察出来ました。

クダゴンベのリクエストに際のトゲトサカを見にゆきましたが、先日同様今日は留守のようで見ることができませんでした。


さて、明日も早朝のリクエストがありケイカイにいってきます。
日曜日なのできっと暗いうちから大賑いになっていることでしょう。

saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 23:29 * comments(0) * -

クマドリカエルアンコウは健在でした。

野田浜 ケイカイ 秋の浜

気温 30℃  水温 24.5〜26.3℃  透明度 8〜20m  流れ あり  うねり なし

数日お休みをしている間には海況に大きな変化はなかったようです。

今日から三連休
お客様をお迎えして野田浜、ケイカイ、秋の浜を1ダイブづつしました。

午前中の野田浜は透明度15〜20mと良好でしたが、午後に入った秋の浜は8〜10m夕方入ったケイカイも10m前後と一日の中でもかなり差が出ています。

水温は極端に冷たい場所はなくなったようですが、これだけ潮が入れ替わっていると何とも読めない水中です。

秋の浜のクマドリカエルアンコウは同じ場所で観察することができました。
このまま船長が観察できると良いです。

浅場のアカハチハゼはずいぶん成長していてかなり目立つようになってきました。

イロブダイもまだ健在で少し大きくなって動きも心なしかおとなしくなってきたようです。

ケイカイではエントリー場所でサザナミヤッコygが観察出来ました。

さて、沖縄には大型の非常に強い台風が接近していますが、そろそろこちらにも影響が出てきています。

夕方ケイカイのエントリーではまだ大きくはありませんが、周期の長いうねりを感じました。
明日あたりからうねりが入ってきそうです。
数日はまた西側のポイントがクローズになるかもしれません。

早く収まってくれると良いですね。



saito-diving * 野田浜 ケイカイ 秋の浜 * 22:51 * comments(0) * -
このページの先頭へ